言霊の力を強める単語法で潜在意識を書き換え☆

潜在意識を書き換える「単語法」って何?

 

斎藤一人さんの天国言葉8つを口癖にすることができたら、今度は「単語法」を覚えることで、より効果的に言霊の力を発揮することが可能。

 

単語法とは、例えば、「強気」になりたいと思ったら、強気、強気、強気。。と単語で連呼することです。

 

他にも、「絶好調」、「大丈夫」、「何とかなる」、「圧」、「勇気」、「元気」、「笑顔」、「愛」。。など、今の自分に必要だと思う単語を繰り返し唱えてみてください。

 

 

すると、全ての言葉には意味があることに気付きます。例えば、勇気には「言う気持ち」が大事であること、愛は「一番大切なことだからあ・い・う・え・お」の一番最初の言葉であること、出会いは「外に出て人に会うこと」など。

 

そして、これを1日100回ずつ、計1,000回以上口にすると、日々の感覚や起こる現象にも変化が出てきます。特に、よく一人さんは「1,000」という数字に大きな意味があるとおっしゃっていますので、単語法をやる時もそうですし、何か数字目標がある時も1,000という数字を意識して行動してみてください。

 

 

天国言葉や単語法といった言霊の力が必要な理由はとても簡単です。

 

信じるか信じないかは人それぞれですが、人には誰でも「潜在意識」があって、この潜在意識を良い方に書き換えるため。

 

なぜ潜在意識を書き換えないといけないかというと、過去に経験した失敗や後悔、恨み、憎しみ、不安、恐怖、劣等感など、無意識にいろんなものが脳に刷り込まれているからです。

 

そういった脳への刷り込みは、幼少期からこれまでの人生だけでなく、前世(過去世)の分も含まれています。前世といっても1回2回ではなく、輪廻転生といって何度も何度も生まれ変わっていて、その時の記憶が実は残っているんですね。

 

 

もちろん私を含め、当時のことを覚えている人はいないと思いますが、例えば、現世でいろんなことから逃げてしまう性格の人は、過去世で「怖い思いをたくさんしていて、逃げなければ生けていけない境遇で生活していた」可能性があると、とらえることができます。

 

人に対する警戒心や許せない感情を持っている人も、同じような考え方が可能。

 

また、逆にスポーツやピアノ等でわずか3才くらいから天才と呼ばれ活躍されている方は、過去世で何代にも渡ってそのような経験を積み重ねてきたのでしょう。

 

 

つまり、人間一人一人が抱えている潜在意識、そしてそれに対する課題(意志)は異なるということなんですね。

 

人は100の定めに対して、100の意思を持っているので、覚悟を持って向き合えば100-100=0で必ず相殺(そうさい)されるようになっています。だから、よく「神様は乗り越えられない試練は与えない」と言いますが、あれはまさにその通りです。

 

 

だから、強気になりたい人は強気、強気、強気、、、と単語法を日々繰り返すことで、潜在意識に「強気」が刷り込まれていくことになります。

 

この単語法を知らない方、または知っていても信じることができない方は、弱い自分を変えるために一生懸命、習い事をしたり人一倍努力すると思います。その努力自体は本当に素晴らしいことです。

 

努力した分だけスキルUPして向上するでしょう。しかし、上には上がいることを知った時、「やっぱり自分にはダメだった」と弱気な自分を変えることができない方は、一度、騙されたと思って、『言霊の力』を活用してみてください。全く信じられなくても大丈夫です。

 

言霊の力は、心が伴っていなくても「言葉ありき」という仏教などの教えが根底にあるので、心から思えていなくても気分や感覚、起こる現象として実感することができます。