苦労を乗り越えたのに結果が出ない時の考え方

苦労の先に幸せが待っていないのはなぜ?

 

あなたは人生の選択に迷った時、正しい道に進みますか?それとも楽しい道に進みますか?

 

多くの人は、親や世間、学校・職場・友人・知人など、周囲の人の意見を聞いて「正しい道」に進みます

 

嫌なことがあっても、大変な思いをしても、辛い状態になっても、「その苦労を乗り越えた先にきっと幸せが待っている」。そして、その道に進むことで、何より家族が喜び、親孝行にもなるだろう。そう考える人がほとんどです。

 

 

しかし、この宇宙の原理としては、「苦労するけど正しい=不幸への道」であり、「ワクワクしていて楽しい=幸せへの道」につながっています。

 

例えば、『苦手で不得意なこと』を克服することは、どれだけ苦しくても正しい道なんだ!と感じるかもしれません。しかし、いざその試練を乗り越えてみると、その報いとして「さらなる苦労」が待っているのです

 

一方、自分が興味のある好きな分野で、その進路のことを考えただけでワクワクする時、その道を歩み出すと、こちらにもいくつかの試練があります。

 

どちらにしても試練はあるわけですが、楽しい道での試練を乗り越えると、そのご褒美として、「さらなる幸せ」が待っています

 

 

「正しい道」と「楽しい道」の感覚的な違いについて

 

現実的に考えると、「そうはいっても、楽しいことばかりしていては何も実らないじゃないか!」と、そう思いますよね。

 

おそらく、あなたは『努力に苦労はつきものである』という固定概念が、絶対的なものとして頭の中に入っているのでしょう。

 

でも、もしその考え方が本当に合っているのであれば、世の中で一生懸命努力している人が皆、幸せになっているはずではありませんか?

 

いじめ、暴力、パワハラ、ストレス、詐欺、薬物、、、ありとあらゆる社会問題は、「不幸な心」が招いているものといっても過言ではありません。

 

 

つまり、あなたが「幸せな人生を送りたい!」と思ったら、絶対に苦労をしてはいけないんです。というよりも、苦労を感じる時点でその道は間違っているよ!というサイン

 

もちろん、この話を信じる信じないはあなたの自由ですよ。

 

その代わり、眉間にシワを寄せて悩みながら努力を続け、仮に一時的に結果を出せたとしても、その先で、必ずといっていいほど「新たな悩み」を抱えることになるでしょう。

 

しかも、この宇宙の原則に気付かない限り、何度も何度もドツボにハマり、同じような状態が続くことになるのです。

 

 

今一度、冷静にこの世の中を見渡してみてください。

 

例えば、甲子園を目指している高校球児は、『野球が大好きで楽しい!』という前提で、朝から晩まで必死に野球の練習をしていますよね。

 

ちなみに、多くの人が誤解しているようですが、「楽しい=楽をする」は間違いですよ。人が本当に楽しい時は「楽しい=本気で夢中」の状態になります。

 

確かに、努力をしても甲子園には行けないかもしれないし、プロ野球選手にもなれないかもしれない。でも、楽しい道で出会った人との縁や経験したことは、必ず、その先の人生でいい形で生きることになります

 

 

ところが、例えば、『夢中になって頑張る高校球児』『地獄感覚で頑張るサラリーマン』を比較した時、どちらも一見、苦労をしているように見えますが、決して同じではありません。

 

後者の「地獄感覚で頑張るサラリーマン」は、毎日受け身の苦労に耐えながら、必死に一日一日を乗り切っている状況です。

 

おそらく、ほとんどの人は、「それが社会人というものだろ?当たり前のことだ!甘えるな!」と、そう解釈するのではないでしょうか。

 

しかし、生活費のためであっても、楽しく幸せなサラリーマン生活を送っている人だっていますよね?それをなぜ、「努力」+「苦労」=1セットとして考えてしまうのでしょうか

 

 

苦しくても会社を辞めることができない場合・・・

 

中には、会社に通勤するのが苦痛になった。何もうまくいかない。苦しい。だから会社を辞めます!といって、起業をして成功する人もいますが、そういった決断ができない人も多くいます。

 

だとしたら、同じ職場、同じ環境、今のあなたで、どうやったら幸せになれるかを考えなければなりません。

 

斎藤一人さんの教えとしては、「まずは形から入る」ことが大事。

 

 

その「形」とは、『言霊』『顔につや』『明るい服装』の3つです。これらを実践する時は「心」が伴っていなくても構いません。

 

特に重要なのは「言霊」。お釈迦様の教えに「はじめに言葉ありき」という言葉があるように、人の悩みがなくなることはないにしろ、誰でも日常の言葉を変えることはできます。

 

ぜひ、ひとりさんの天国言葉を毎日の口癖にしてみてください。

 

ちなみに、いつも「笑顔」でいることも、形から入って幸せになる一つの方法となります。

 

 

苦労はストップのサイン!ワクワクはGOサイン!

 

人が「苦労」をするということは、『今のあなたの考え方は間違っているよ!!』という、天の神様からのメッセージです。

 

時に、成功者が苦労話をすることもありますが、実際にその人が行動をしている時は、「目標に向かって夢中になっている」。つまり、ワクワクしていて楽しい!という大前提があるのです

 

だから、職場を変えるのは自由ですが、まずは普段使っている「言葉」を変えて、少しでも、明るい気持ちで過ごす時間帯を増やしていく必要があります。

 

また、「ツイてる・うれしい・楽しい・幸せ・感謝・ありがとう・ゆるします・愛してます」を口にしていると、不思議と「楽しいこと」や「ワクワクすること」に目が向くようになります

 

 

こうした宇宙の原理だけは、ちゃんと理解しておくようにしましょう。

 

あなたがいつも発している「言葉」が思考となり、その「思考」が現実になっているのです。

 

ひとりさんの教えを実践することで、少なくとも、愚痴・不平不満・泣き言・悪口などの地獄言葉を言っていた時とは全く違う感覚で、毎日の生活を送ることができるようになるはずです。