救いたくても救えない人はこんな人です【斎藤一人】

救いたくても救えない人はこんな人です【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

おはようございまーす。えーとですね、え~、皆さん、一生懸命、心に灯をともすということをしてると思います。手相人相の話なんですけれど。

 

ところがですね、稀にですよ、100人に1人とか本当にすごい少ないですけど、心に灯をともすことができない人がいるんです。で、それはどういう人ですかっていうと、えー、全くあの、手相を見てくださいって来るんですけど、全く人の話聞かない人がいるんです。

 

で、ずーっとこう、自分の話してる人とか、ノイローゼの人とか、頭おかしいって言い方あれなんですけど、心がおかしい人がいるんです。そういう人はどうしたらいいんでしょうって質問があるんですけど、これはどうにもならないんです。

 

 

なぜかっていうと、心に灯をともすということは、灯してもらいたいというお互いの意思があって初めてできるんです。だから、相手が灯して欲しくない人もいる。そういう人をうっかりかまうと、ちょくちょくちょくちょく来るようになる。来るっていうことはどういうことですかっていうと、必ず、その人に迷惑をかけに来るんです。

 

相手からエネルギーを取るために来ます。えー、簡単なこというと、この宇宙の中心に大日如来(だいにちにょらい)っていうのがいるんです。大日如来は二つの化身(けしん)がある。一つが観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)と、一つが不動明王。

 

で、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)の方は慈悲(じひ)の心ですから、相手に愛を与えるんです。で、皆さんがやってるのはそれなんです。でも、稀に、そうじゃなくて、いつも、例えば私が「あなたはこういう風にした方がいいですよ」、「それはできないんですよ」とか、必ず反対意見言う人がいるんです。で、この人を救ってやろうというんじゃないんです。

 

 

その人を救ってやろうということはできない。そういう人が来たら、お不動様になって、「あなたはうちにきてもダメだからよしなさい」、例えば、ありがとうっていっぱい言うといいよって言っても、「ありがとうは言いたくないのよ」とか「言えないわよ」とか、「心が伴ってなくてんなこと言ってもしょうがないじゃない」とか、そういうこというんです。

 

そういう人は切っちゃわないといけないんです。じゃないと、あなたのエネルギーが奪われるし、お店の環境が悪くなるし、そこへ来てる人に悪い影響を与えるんです。本当に稀なんですけど、そういう人がいるんです。

 

 

で、もう一つですね、この世の中っていうのは、『嬉しき楽しきありがたき』っていう言葉がある。これを3つの気でお神酒(おみき)っていいうんです。神様にお神酒(おみき)を与える。嬉しき楽しきありがたき、うれしいな楽しいなありがたいな、ありがとうっていうことですね。

 

で、平坦にいうと「ありがたき」っていうのは「ありがとう」って意味なの。ね?で、今、起きてることに、良いことが起きた時、あぁ、ありがたいな、嬉しいなとかって言ってると、もっと良いことに代わる。で、悪いことが起きたとしても、嬉しき楽しきありがたきって、こういう呪文と同じですから、それを唱えてると、災い転じて福となすんです。

 

ところが、今良いことが起きてようが普通に起きてようが、不平不満ばっかし言っててありがとうも言わない。そうすると、良いことが悪いことになるんです。

 

で、悪いことが起きると、さらに悪く言うんです。そうすると、悪いことが大悪(おおわる)になっちゃうんです。災いが大災いになっちゃうんです。どっかで人っていうのは、今の環境でもね、食べられて幸せだとか、日本に生まれて幸せだねとか、ね?魚食べられて漁師の人たちありがとねとか、何か感謝をし始めると、上に上に上がっていく。

 

 

不平不満を言ってると悪いことが起きるんです。悪いことが起きると、また不平不満を言うんです。そうするともっと悪いことが起きる。ドツボのごとく悪くなってくるんです。で、どんどんどんどん自分を追い詰めて、自分を不幸にして、やがて自殺しちゃう人がいるんです。

 

そうすっとまた生まれ変わって、途中から中間から良くも悪くもないところから始まるんです。で、人は感謝の念を持って、「ありがたいね」とか「うれしいね」とか、こういう言葉をどんどんどんどん発すればいいんです。で、これは呪文なんです。

 

心が伴わなくてもいいんです。初めに言葉ありきなんです。それで、神事をやってる人というのは、初めに言葉ありきだってことを知ってるんです。

 

 

心伴え、心伴えっていうのは道徳論者なんです。神事とは呪文を言うところから始まるんです。で、キリストも釈迦も皆言ってることは、「初めに言葉ありき」なんです。で、うれしいなと思いなさいじゃないんです。思わなくてもいいから口に出すんです。そうすると、だんだん思ってくるんです。

 

だから、あなた幸せだねとか、ね?ありがとうねとか、ありがとうをいっぱいいいなって、それをしたくない。したくないっていうのは、神事じゃないんです。心伴うんじゃないんです。心から入りなさいは道徳なんです。神事とは言葉から先なんです。わかりますか?

 

 

お経でも何でもそうなんだよ。お経でも全部理解してるわけじゃないんだよ、言うところから始めるの。ね?心伴わなくてもいいの。言ってるうちに必ず心が伴う。キリストも言ってる。初めに言葉ありき。ね?で、教えてやってもやらない人がいたら、うちとは縁の無い人。その人はその人の修行の場がある。

 

もう少しいろんなことを体験して苦しみたい人っていっぱいいるの。で、本当に苦しんで苦しんで嫌になった時、「私は苦しんです」っていっても変えようとしない人がいるんです。苦しいのに変えようとしない人はたいした苦しくないんです。本当に苦しいんだったら「何でもします!」って言うんです。

 

これもしたくないあれもしたくない、その程度は苦しんでないんです。人間っていうのは、悩み即菩提(なやみそくぼだい)っていう、悩めば何とかしようと思うんです。行動を変えるんです。で、行動を何にも変えないで、「助けてください」って言っても助からないんです。難しくない、言葉から変えな?

 

 

で、それでも変わらない人がいたら、縁の無い人なんだよ。うちには縁がないから無理ですね、よそいった方がいいですよっていうことです。そういう人をどうやったら助けてやろうとか思っちゃダメです。受け取る気がないんですから。あの、電気をつけて光を灯してあげようとしても消す人がいるんです。

 

「つけないで、明るいの嫌なんだからって、消す人いるんです」。本当に少ないですよ。少ないけどいます。そういう人にいる対する対処方法を覚えててください。その人に関わってると、あなたの灯が消されちゃいますよ。そうしたら、人に灯つけてあげることがもうできなくなる。

関連記事一覧

ジタバタする暇があったら覚悟するの!【斎藤一人】
楽しいことに強い意思で舵を切るんだよ【斎藤一人】
つまらない人生でも面白くするしかない【斎藤一人】
単語法で天国言葉を何度も言うんだよ♪【斎藤一人】
臆病な人は震えながら一歩足を踏み出す【斎藤一人】
夢も希望もないならせめて人を応援する【斎藤一人】
間違った努力をしている人の解釈修正法【斎藤一人】
『疲れたな・・』口にしてはいけない言霊【斎藤一人】
ワクワクする冒険心を持っていますか?【斎藤一人】
何があっても幸せになると覚悟を決める【斎藤一人】
人の粗探しなんかやめて幸せを願うの☆【斎藤一人】
不幸な道にばく進してしまう人の勘違い【斎藤一人】
人生が辛いと感じる人に気付いてほしい【斎藤一人】
人に受けた恩を返す気持ちって大事だよ【斎藤一人】
他人を許せなくていいから自分を許すの【斎藤一人】
『幸せだなぁ♪』この言葉が人を救うよ【斎藤一人】
幸せに条件をつけるあなたには愛がない【斎藤一人】
感謝を知らない人は何一つ満足できない【斎藤一人】
落ち込む暇があったら改良するんだよ☆【斎藤一人】
起きてもいない不安を想像するのやめな【斎藤一人】
出た問題に悩む時点ですでに答えはある【斎藤一人】
どんな困難もシナリオ通りなので問題ない【斎藤一人】
たまに強気なこと言うだけで人生変わるよ【斎藤一人】
愛あるご都合主義なら心豊かに生きられる【斎藤一人】
奉仕の気持ちを持つ親切な人はオーラが違う【斎藤一人】
あなたが人と仲良くなれない根本的な原因【斎藤一人】
もうそろそろ足の引っ張り合いやめな!【斎藤一人】
不幸の材料ばかり探してると因果が巡る【斎藤一人】
神様は幸せの道を歩む人に苦労を与えない【斎藤一人】
知識があっても知らないふりをする話術【斎藤一人】
劣等感を克服する【斎藤一人】
過去に口にした地獄言葉をリセットする方法【小林正観】
『きくあの法則』幸せが幸せを呼ぶ合言葉【小林正観】
令和は想像を上回るほどいい時代になる【斎藤一人】