科学では証明できない貧しい人の潜在意識【斎藤一人】

科学では証明できない貧しい人の潜在意識【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの音声(文字起こし)

 

姉さんは、俺に比べて全然金(かね)持ってないんだよ(笑)

 

いや、おかしんだよ。だって、同じ血が流れてて、同じ兄弟なんだよな。わかる?ね?

 

で、俺より先に生まれてんだから、俺より金(かね)持ってたっていいんだよ。それがないんだよ。

 

で、「なぜなんですか?」っていったとき、ないことを不思議だと思わないんだよ

 

わかるかな・・。それで、「潜在意識」って、変わっちゃうととんでもないことができる。ね?

 

 

私たちみたいに可愛いのに彼氏がいないのはおかしいんだ!と思っちゃえばいいの。

 

ところが、おかしいと思わないような人ってのは、おかしいと思わないような人と付き合ってんだよ。わかる?

 

例えば、お姉さんがクラス会やろうとするじゃん。ね?で、クラス会やろうとした時、じゃ15,000円でどこかのホテルでやろうっつった時、「15,000円出すのが大変よ!」っていうと、大変なような気がするんだよ。

 

だけど、「この年になって15,000円も持ってないのはおかしいんだ」っていう考えになった方が、正当なんだよ。

 

そうすると、脳は「おかしいんだ」ってことになると、変えようとするんだよ。わかるかな。

 

 

例えば、うちの仕事してて、うちの仕事してるってことは、同じものを同じ値段で売ってるんだよ。

 

すと、月に500万円売る人と5万円しか売れない人がいるんだよ。わかるかな。

 

そうすると、同じ物売ってて、月5万円と500万円の人がいるのは、おかしんいだ。

 

月5万円の人しか売れなかった時、「私は絶対おかしいんだ」と思うと、自分のおかしいところが見えてくるんだよ

 

そうすっと、500万円売ってる人はこことここが違う、あぁ、ここを変えよう!ってことになるんだよ。

 

ところが、人っていうのは、5万円しか売らない人っていうのは、5万円の人と必ず付き合うんだよ。

 

だから、おかしいと思ってないんだよ。わかるかい?おかしい!と思っちゃえばいいんだよ。で、思うと脳は勝手に思い出すんだよ。

 

 

俺ね、昔ね、すごいこと言われたことあるんだよ。これ、テープあとでカットしてね。

 

うちの奥さんにね、俺が20いくつんときだよ、「あんた25か23で家持ってないのおかしいよね」っつうんだよ。

 

いや、俺おかしいと思わなかった。友達誰も持ってねぇから。

 

「あんた、いい年して家の一軒も持ってないっておかしくない?」って言うんだよ。

 

 

で、うちの奥さん家って金持ちなんだよ。ここが違うんだ!と思った(笑)

 

向こうはあるのが当然だと思ってるんだよね、こっちはないのが当然だと思ってんだよね。

 

で、うちの奥さんのお父さんに会ったら、「斎藤君、若いときはね、年寄りの人とか、事業で成功してる社長たちいっぱいいるから、そういう人とお付き合いして、ハイハイっつってお話を聞かしていただいたら、若いときはお勘定だけ払ってればいいんです」って言うんだよ。

 

「パッて行ってお金だけ払いなさい」っていうんだよ。

 

金(かね)がないとか思ってないんだよ。金(かね)があるのが当然だと思ってる。ここが違うんだよ。これ、考えてることの、ここが、違うんだ。

 

で、俺はその時から、俺がおかしいんだと思った。

 

 

この人たちおかしなこと言ってる!つったらダメなんだよ。

 

成功者が言ってることが正しいんだよ。

 

それから、じぃーっと見てたら、俺の方が「おかしい」んだよ。ね?

 

そうすると、成功者と成功してない人間を見てると、違いがあるんだよ。

 

それを、正しい方向に持ってく方法が、「おかしいんだ!!」と思えばいいんだよ。

 

で、姉さんだって、斎藤一人の姉で金持ってないのはおかしいんだ!と思っちゃえばいいんだよ。

 

 

すと、潜在意識ってね、とんでもないもの。

 

『牽引の法則』ってのがあるの。引っ張ってくるんだよ。今、縁がなかろうが。

 

ね?でね、「私たちは、こんなに小っちゃいときから、こんなに苦労してるんだから普通の人と同じぐらいの幸せじゃおかしいんだ!」

 

そう思わないと、今の現状が続くようなことが出てくんだよ(笑)

 

ところが、これ、「おかしいぞ」ってなると、違うものを呼び寄せてくるんだよ。

 

この世の中で変えられるのは、自分だけなんだよ。で、なぜ自分が変わらないんですか?っつうと、おかしいぞ・・。

 

 

で、この前、実は「腰」の話してた時に、はなゑちゃんが、ずーっと腰が悪かったの。筋肉が足りねえんじゃないかとか…だけど俺より運動してんだよ(笑)

 

で、健康食品も飲んでんだよ。健康食品も飲んでて、運動してるのに腰が痛いのは、これおかしいんだよ。絶対何かがおかしいんだ。

 

上手くいかないときは、自分が何かおかしいんだよ。

 

ね?それで、じゃ運動やった、食べ物もやった、それ以外に何かがあるんだよ。

 

あのね、よく理屈通りにやってもうまくいかない!って言うけど、理屈通りにやってうまくいかないのは、理屈が必ず間違ってんだよ。

 

理論が正しいものは、現実でも絶対に正しいんだよ。

 

現実に上手くいかないのは、必ず何か間違いがあるんだ。

 

 

で、ここんとこ、最大の間違いがわかった。

 

それは、脳という体というのは、お姉さんを守るものにあると思ってたんだよ。

 

そしたら、脳は違うんだよ、自分を守るために痛みを出すっつうことがわかったんだよ。

 

だから、この道具を上手く使いこなさないと、えらいことになるんだよ。

 

その代わり、自分の脳とか潜在意識を自分の思いのままに使えるようになってくっと、とんでもないことが起きるんだよ。

 

要するに、脳は、ごまかして怠けようとするんだよ。

 

 

『おかしい』って始めりゃいいんだよ、おかしいって。

 

俺は16んときから商売してんだよ、その俺が金(かね)持ってねぇのはおかしいって。

 

確かにそうなんだよ。だって、プロなんだもん。ね?相撲取りだってボクサーだってプロだよ?

 

プロがその辺でのされてたらおかしいじゃん。

 

それと同じで、ね?商人(あきんど)の俺が、商人(あきんど)ってお金儲けのプロだよ?そのプロの俺が、「いいなサラリーマンはボーナスもらえて♪」っつったらおかしいんだよ。

 

かしいんだって、自分で気が付かないと絶対に無理なんだよ

 

うちの仕事やってる人やなんかに、「あんたらお金持ってないのおかしいと思いな」って。

 

思わないと永久に持てないんだよ。持てないような状態を持ってくるんだよ。

 

 

人間の体っていうのは、「空だ」っていう、「から」っていう意味なんだよ。

 

胃がここにあるって、わかっちゃうこと自体がおかしいんだよ。

 

腰を意識するってのは、腰が痛いからなんだよ。

 

本当は健康な状態になってくっと、「空(から)」なんだよ、だから重さすら感じないんだよ。

 

だから、空(から)の体が重いとかっていうのは「おかしい」んだよ。怠けようとしてるものがあるんだよ。

 

脳はなにかにつけて怠けようとするんだよ。これを怠けさしちゃいけないんだよ。

 

で、おかしくないと思わせようとするんだよ。わかるかな。

 

 

周りにもそういう人置くとか、こんなもんでいいんじゃないのとか、人生あきらめちゃえみたいな。

 

そういう、なんっていうのかな、がんばらないほうがいいようなことを言うんだよ。

 

ところが、そうではないんだよ。がんばってる方が実は楽しいんだよ。

 

高校野球でもなんでも、頑張ってっから、応援が出るんだよ。

 

 

頑張んないと、応援なんか出ないんだよ。ね?わかるかい?斎藤一人という人間も頑張るんだよ。

 

もくもくと、今だってタダだってこうやっしゃべってんだよな(笑)

 

俺、教えたいんだよ。だって、俺のお弟子さんは成功したんだもん。ね?

 

しげちゃんだって、おばちゃんだって、寺田の社長だって、俺の言った通りやったら成功したんだよ。

 

で、何でこんなことができるんですか?っていうと、「脳」と「潜在意識」を使うと、起きる現象が違ってくるんだよ。