神的な言霊で免疫力を高め奇跡的に病気を治す方法【斎藤一人】

神的な言霊で免疫力を高め奇跡的に病気を治す方法【斎藤一人】

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

カイロプラクティックオステオパシーとかっていう技法は、俗に言うカイロってやつですね。それをやるとね、非常に体の具合が良くなるんです。ひどくなってくると脊髄湾曲症、こう曲がって来ちゃったりね。色々あるんですけどね。

 

これがですね奇跡的に治る方法があるんです。誰がやっても治るんです。それは、我は神なり愛と光なりって言うんです。10回か20回言うんですね。我は神なり愛と光なり、我は神なり愛と光なりって言うとね、体からすぱーんと力が抜けるんです。力が抜けると、筋肉の硬直が取れる。誰がやっても治るんです。不思議でしょ。

 

自分は神なんだっていうことを言うとね、体がこうやらかくなるんですよ。ところが自分ひとりで頑張んなきゃいけないんだとか、別に自分にあんまりにも頼りすぎちゃって、自分が自分がというのは我なんですよ。我が我がが我が強くなってくると、脊髄にこう周りが出るんです。

 

だから時々ね、我は神なり愛と光なりって何回か言うとね、おまじないじゃないんですけど背骨がまっすぐになるおまじないだと思ってればいいんです。そうやってその事をね、ずっとこう言うんですよね。そうすると、そういう不思議な現象が起きるんです。

 

だから誰かこう、背骨曲がってる人いたらちょっと言わしてみると楽になるんです。じゃあだからなんなんだだとかって言われるとこれも困っちゃうんだけど、そういう不思議なことがあるんです。誰がやってもできるんです。だから、心地よい言葉は体を正常にするんです。癒すんです。癒す言葉ってあるんです。

 

それをね一番体が固くなる、なんでも頑張らなきゃ。自分の力でとかさ、人に頼らずにとか言うと、言えば言うほどね、体が硬直して、硬くなってくんです。本当なんですよ。祈ったでしょう。帰れってんでいくらやっても治んなかった、鍼もやった灸もやった、でもそういう時っていうのは頑張んなきゃって気持ちが強かったんです。

 

そのことでってふぅーっと力抜いた上で、我は神なり愛と光なりそれを言ってると自分がもし神だとしたら。愛と光の人間だったらどういう生き方をするんだろう、人に何しゃべるんだろうなんて考えてる内にね、治っちゃうんです。こんなお安い方法はないでしょ。覚えといてくれるといいな。

 

それから我が神なら人も神なんです。みんな大切な人間なんです。それを些細なことで、あの人高校中退なのよとか、それがなんなんだっつう。誰でも高校行きゃえらいんじゃないの、誰でも大学行きゃえらいんじゃないの。みんな色々事情があるの。

 

道路工事してる人もいる 、家作ってる人も居るの。ペンキ塗ってる人もいるの。いろんな人がいて成り立ってるんだね。それを学校行っちゃいけないっつうんじゃないのよ。本当に行きたい人は行きゃいいの。本当は行きたくない人も行ってるのね。だからね、いろんなことで差をつける、その差をつけてる人ほど苦しいよ。人にいちいち差をつければつけるほど、自分がどんなに下の人間見て差をつけたってそういう人間はその差のことばっかり考えてるから、大概人間は下見て生きてないのよ。自分より上見て生きてるから、もっと学歴の高いやつ、もっと良い学校行ったやつ、もっと金持ってるやつ、もっと家柄の良いやつ、そんなことばかし考えてるから、上がどんどんどんどん重くなってくるんですよ。

 

重くなればなるほど、背骨に負担がかかってきちゃうの。だから差を取るの。差を取ればいい。この差を取れば、すっごく幸せになれるの。その中で自分が真にやりたい事ってなんだろう、それを追求してるから本当に楽しいことがいっぱい起きるぞっていうことなんです。

 

だからこれはもう、何日間もね、坐禅するとか、飯食わないで頑張るようなものじゃないんです。それよりも、人に優しくできる気持ちがあれば、それで。十分なんですということで悟りの話、短くてすみません。終わります。

 

あとね、ちょっとね余談で聴いててもらいたいんだけど、人間って最近ね、免疫力が落っこっちゃってる人いるんだけど、免疫力が上がる方法は簡単にあるんですよ。それはさっき言ったよね体をね、こうやって言葉で、我は神なり愛と光なりって言うと、脊髄の歪みが全部とれちゃう。これは教えたと思うんですけど、これも言葉だよね。

 

免疫力が上がる言葉ってなんですかって言ったらね、誰か物くれる。オーバーに言う、ありがとう。えっ、すごい嬉しいな。物凄い嬉しいよ。本当嬉しいな、オーバーアクションするんです。良いことにオーバーアクションするんです。

 

要するに免疫力の低い人っていうのは必ずオーバーアクションがないんです。で、ぐーっと深く考えちゃう。オーバーアクションしなきゃいけないんです。人はそれから本物って、愛と光、愛と光って何ですかって言ったとき、明るさとは、簡単なことなんです。簡単で温かいんです。

 

これが成功、仕事でもなんでももっと簡単じゃなきゃいけないんです。簡単で温かいんです。これが成功なんです。すべての成功のもとっつうのは、簡単で温かいんです。だから言葉でも単純明快なんです。明るく、心地好いんです。

 

だから複雑なこと言ってるやつ、哲学者みたいな、ダメなんです。もっとね、単純明快なんです。単純明快で、だからこの病気を治すのにはどうして、最近体を治す方法が複雑怪奇になってきて、複雑になればなるほど病気が増えてるんです。そんなこと言ったら昔の人なんかろくな栄養なんか摂ってないのに、この前能登行ったとき、新潟から能登へ攻めてって、歩いて鎧兜着て攻めたやつがいるんだよ。栄養のことなんか考えてない、ろくなもん取ってないんだよ。それが攻めてくる、今の人なんか栄養こんなに取っちゃって、能登まで鎧なんか着てけないよ。一駅歩いたら倒れる。

 

もっとね、人間っていうのは簡単なの。それで必ず複雑な事を考えれば暗くなるの。だから仕事でも複雑なことを考えていくと、あたかも頭が良くて成功するようだけど、失敗する。単純の後につく言葉は明快な、複雑の後につく言葉は怪奇な、悪魔のささやきなの。

 

さも難しいことを考え出したら悪魔のほうへ行ってるの。んで難しいことはできないの。必ず成功するのは簡単なことなの。でもコンピュータ考えた人いるじゃない。コンピューターが簡単に考えられたやつなんだよ、それが。一人さんじゃないんです。わかりますか。そういうことです。

 

ともかく自分にとって簡単なこと、簡単に考えられること。それで明るくしてられること。免疫をあれするのに免疫を上げる注射を打ってどうのこうの、そんなことしちゃいけないの。もっとオーバーアクション。いや嬉しいなあとか幸せだーとかご飯おいしいねーとか、うまいうまいうまいうまいうまい!わかります?これなんだよ。

 

美味しい、ダメそんなんじゃ。本当に黙って食ってる、それもダメ。ダメですそんなの。もっと嬉しいことをオーバーに表現する。それだけが免疫なんか上がるようになる。やんなかったら人間って死に絶えちゃってるんだよ。それが死に絶えずに今いるの。色んなこと、仕事も同じだよ。体のことも仕事のことも同じ。もっと単純明快にしなきゃいけない。

 

単純明快になってきたとき仕事も成功するし、体も元気になってくる。ね?単純明快、これでいかなきゃいけないね。いえーい。終わります。

<スポンサーリンク>
 このエントリーをはてなブックマークに追加  

タイトル一覧

『万病一元論』腸をキレイにする健康法【斎藤一人】
決して油断してはいけない腸の健康状態【斎藤一人】
奇跡を起こす人が意識しているたった一つのこと【斎藤一人】
悪口を言っている人は自分の毒で破滅するよ【斎藤一人】
息を引き取る前にあなたに気づいてもらいたい【斎藤一人】
神様が降りてくる人の心には必ず御柱が立っている【斎藤一人】
トラブルの絶えない人が見落としている最高の神事【斎藤一人】
自分を許した人間は「千手観音」として生きることができる【斎藤一人】
嫌な予感がしても絶対に流されない不動心【斎藤一人】
脳のストレスが体に与える影響について【斎藤一人】
お医者さんの力では治せない「難病」について【斎藤一人】
「真面目」が不幸の構成要素になることもある【斎藤一人】
人への反抗心は神様がつけた大切な要素【斎藤一人】
苦労を乗り越えてがんばりすぎた人の代償【斎藤一人】
『神様の希望』顔晴る人は苦労に負けない【斎藤一人】
潜在意識の書き換えで「腰痛」が治った人【斎藤一人】
老化を防ぐために最も効果的な生き方とは【斎藤一人】
【言霊の力を使う】科学的根拠はなくていい。
伝染病の予防は生活習慣にかかってるよ!【斎藤一人】
腰痛を治す方法【斎藤一人】
何か起きる度にうろたえるのやめな?【斎藤一人】
「そうだよね、わかるよ」の話【斎藤一人】
病気の人は病気ではなく健康に目を向ける【斎藤一人】