「そうだよね、わかるよ」の話【斎藤一人】

「そうだよね、わかるよ」の話【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

はい、おはようございまーす。えーとね、今からあの、「そうだね、わかるよ」っていう話をします。これね、「そうだね、わかるよ」って何ですか?っていうと、え〜、例えば、あの、否定的な人と肯定的な人がいる。自分に反対意見出す人がいる。

 

で、そこなんですけれど、「それ違うよ」、相手を否定しちゃダメだよ。えー、なぜその人が、そういう否定的なことを言うかというと、そういう人生を歩いてきた。ね?で、長年かかってそういう人生を歩んできたんだから、そう思ってるんです。その当人は。

 

で、そのことを否定することは今世全部、それからずーっと来世から再来世、全部否定しちゃうんことになるんです。で、自分に反対意見を言った時、ね?「それ違うよ」っていう前に、「そうだよね、わかるよ、そう思うよね!」。

 

 

なぜかというと、そう思ってるんですから、相手が。ね?だからそう思うんですよ。私がそう思ってるんじゃないんですよ?相手がそう思う、あんたがそう思うのはわかるよっていう意味です。わかりますか?

 

で、「そうだよね、わかるよ」って言った後に、でもね、俺も実はそうだったんだけどさ、あの、いつまでもついてないと嫌だからね、あの、何か斎藤さんって変な人がね、ついてるついてるって言いなっていうから、言ってたら心がウキウキしちゃったんだよ。ね?

 

だから、こういうの言った方がいいよって言うとしますよね。そうすると相手が、「いや、俺はそういうこと言いたくないんだよ」って言ったとすると、「そうだよね、わかるよ!」。実は俺もそうなんだよ。

 

これはなぜかっていうと、反対に相手がしてきた時に「違うよ!」っていうと、本当にダメなんですよ。え〜、犯罪っていうのは、普通の人間、能力が落ちる人間、何かで追い詰められて追い詰められて追い詰められた時、最後に行く場所が犯罪になっちゃうんです。わかります?

 

 

だから、犯罪が悪いことはわかりきってるんです。そうすっと、「おまえダメじゃないか!」とかって脅かしてるとこがあって、白状しろ!とかっていっても頑としてなかなか白状しないんですよ。

 

で、なぜなかなか白状しないかっていうと、実は怒られるのはその人慣れてるんですよ。小学校の時からずーっと怒られて、親にも怒られてっから鍛えあがってますからね。なかなかそういうことじゃ白状しないんです。

 

ところが、「わかるよ」って。ね?「見てておまえってそんな悪い奴じゃないし、おまえがそう言っちゃったのはわかるよ、そうだよな」って言ってくれると、どうせ誰かに白状、一生白状しないとは思ってないんだよね。

 

どうせ白状するなら、自分のことをわかってくれる人に白状したいって、犯罪者でも思うんですよ。ね?だからそれは、普通の人間なら尚更のことなんですよ。だから、白状したら本当にホッとした顔になるんですよ。

 

 

で、ここで犯罪者の話なんかちょっと持ち出しちゃいけないんだけど、あの、普通、朝私なんかも髭剃るんだけどね、髭剃るんだから剃りゃいんだよね。だけど、痛いのよ。痛いから、こう石けんつけたりね、あの、シェービング何とかってつけたりするの、クリームみたいなのつけて温めたりいろいろして剃るんですよ。

 

ね?じゃないと痛くて血が出るんですよ。それと同じように、相手に何か言う時のその枕詞があるんです。「それ違うよ」っていうのから「そうだよね、それわかるよ!」ね?あんたがそうなった気持ちわかるよ。

 

で、人間っていうのは自分のことをわかってくれる人を探してるし、そういう人の意見を聞きたいんですよ。ね?だから、癖ですから、ね?紙にでも書いて「そうだよね、それわかるよ」。これを口癖にして「そうだよね!」って言えるようにするんですよ。

 

そうすると相手もすごく楽だし、こっちも楽になる。人間関係の円滑油(えんかつゆ)なの。それがないと、あの、エンジンオイル無しでね、車走らせちゃってるようなもんだから摩擦が起きるんですよ。だから人に会うたび摩擦が起きちゃう。わかりますよね?

 

 

で、「そうだよね」っていうことなんですよ。それで、もう一個、もう一個あるんです。これが肝心なの。

 

いくら「ついてない」って言っても、あの、「ついてる!ついてる!」って言おうねっていっても、「ついてない」と思っちゃうこと、それから人のことを妬んじゃうこと、悪口言っちゃうこと、思っちゃうこと、自分であるでしょ?

 

その時に、自分はなんてダメなんだ、ね?自分を否定したり責めたりしちゃいけないの。自分に対しても「そうだよなぁ。。」俺なんか真面目にやってんのにさ、あいつ、あの、ブラブラしててね、親に外車かなんか買ってもらって、たいがい頭に来るよな。ね?

 

 

でも、俺たちはせっかくこうやって魂の勉強したり、そういうことしてんだから、まぁ、許してやろうよ。その、一旦、認めてあげないと、これを押さえつけちゃうと、エネルギーっていうのは無くならないんですよ。

 

押さえつけるといつか爆発するんですよ。わかります?だから相手に対してだけやるんじゃない、自分に対しても「そうだよなぁ、わかるよ」。自分は立派な人間だと思うこともあるの。聖人君子(せいじんくんし)だと思うこともあるんですよ、私でもね。

 

 

で、思ってるんだけど、良い女が来たりなんかすると、いいケツしてるなとか見ちゃったりするんですよ。さっきまでの俺は何なんだろう、でもまぁ、しょうがないよな、わかるよ。やっぱし男だもんな(笑)な、ね?

 

でも、まぁ、見るだけにしとこう。触ると犯罪になっちゃうからとか、まぁ、こんなことなんですよ。ね?わかりやすいですよね、すごくね。で、いろんな形、自分で応用してください。人に対しても「そうだよ、わかるよ」、「でも、そうだよね」って、もっと良い意見出す。

 

自分がなった時も「そうだよなぁ、たまには俺だってそう考えちゃうよ、わかるよ」、自分の心にもわかってやると、嘘のようにここに溜まってるものがフワーッと消えるんですよ。だから、これね、すっごく覚えとくと、すっごく良い方法なの。人に対しても。

 

 

でね、たいがいノイローゼになったり死んじゃったりする人っているんだけど、あんまりいじめられて死んじゃう人って半分ぐらいで、残りの半分以上は自分で自分を苦しめちゃうんですよ。

 

だから、勝手にノイローゼになったりして、よく聞くと些細なことで逝っちゃうんですよ。すと、あれ、「そうだよな、わかるよ」ってその、「そうだよな、わかるよ」ってこの魔法の言葉を知ってると、自分も苦しめずに済む。

 

で、人間関係って相手とだけじゃないの、自分との人間関係もあるんですよ。で、これも苦しみの一つなんです。で、たった一つ、この言葉をポッと言ってあげることによって、すごい楽になるんです。

 

ね?「そうだよね、わかるよ」、覚えてください。はい、終わりまーす。