今すぐに始められるシンプルな強気健康法【斎藤一人】

今すぐに始められるシンプルな強気健康法【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

え~、今から信じなくていいよシリーズ話します。

 

久しぶりです。この話は全然信じられなくて当然です。あなた正しいです。私が変わった話をします。

 

私は小さい頃から病気だけどなぜか死なないんです。病院で、「今回だめでしょう」って言われても生き返っちゃうんです。

 

なんとしても死なないんです。コツがあるんです。で、コツ教えます。これ、信じられないようなコツなんだけど、一つの健康法があるんです。

 

この健康法は何ていう健康法かと言うと『強気健康法』です。

 

で、今から言うことをよく聞いてください。縁あって聞いているんだから信じたほうが得です。

 

 

人間の身体には元気という『気』があるんです。その気が弱まった時に病気になるんです。

 

その元気というのが強い気が流れていればいいんです。それを強気と言うんです。その強気が流れていれば元気なんです。

 

ただし、栄養はとんなきゃダメだよ。人間の体に必要なのは「栄養」「強気」なんです。

 

強い気が流れていればいいんですで、この強気の話なんだけど、最近アメリカやなんかでこういうことを言い出してきたのね。で、実験的にデータが出てるんです。

 

 

例えば、腰が痛いという人がいる。腰が痛い人をレントゲンかけると、腰の骨に変形が出てるとか、椎間板が飛び出しているとか、明らかな異常が出る。これは、形の異常だよね。

 

で、ここが問題なんだけど、形の異常だとしたら毎日痛いよね。そうだよね。だって、形変わんないものな。今日は調子良いのよ、今日は調子悪いのよ、おかしくない?

 

で、最近、もっとおもしろいことがわかってきたの。痛くない人を調べても骨に異常が出てる。

 

で、どういうことですか?って言うと、人間の脳、心の中には潜在意識と顕在意識というのがある

 

潜在意識に溜めこんじゃっている嫌な思い出だとか、小さい時のこと、自分だけが親に可愛がられなかったとかいろんなことがある。それが、大人になっても出てくるの。

 

 

すると、出てくるとどうなるかというと、今さら、親を恨んじゃいけないとか、そういうこと思ってれば思ってるほど、その出てきたストレスをどこかで押さえつけようとする。

 

で、押さえつける最大にいい方法は一個だけなの。それが、昔、胃潰瘍で出てきてたの。

 

最近、胃潰瘍がほとんどなくなってきたの。なぜなら、胃潰瘍は神経だということがバレちゃったの。じゃ、胃潰瘍じゃなくて他に痛みを出せばいいの。

 

要は、人間がそのことを考えないようにする一番簡単な方法は「痛み」なんだよ。

 

痛みが出たら脳の神経なんかそっちの方にいっちゃうから、考えなくて済むんだよ。嫌なこと、自分にとってストレスと考えるんだったら、痛みで消しちゃいたいんだよ。

 

だから、栄養をなかなかとっても、治んないんです治んないんです、腰の痛いなんて言い易いんだよ。ほんとうに変形がある。

 

 

じゃ、「今日は調子いい」っておかしくない?ね、「今日、具合悪いんです」っておかしくない?

 

変形して痛いならずっと痛いよね。

 

ずーっと24時間痛いよね。ね、その前に嫌なことが出てくるの。それを自分が押さえるの。

 

だからバレるともうでないの。だってもうバレちゃったからもうでないの。じゃ、バレちゃったから別の手考えよう。いろんなところに痛みが出るの。

 

だから、病は昔から気から・・食べ物のことは抜きにしてだよ。栄養は摂らなくちゃおかしくなっちゃうんだよ。

 

だけど片頭痛なんですけどっていうけど、原因調べるけどないんだよ。で、ヘルニアみたいに原因調べるとあるやつもあるんだよ。だけど今日は調子いい、明日は調子悪いおかしくねえかって。

 

 

それから、体なんかね。あの、年寄りで曲がっちゃっている人いるんだよ。真っ直ぐにならない人いるんだよ。あの人たちの骨ってすごく変形しちゃっているんだよ

 

「毎日激痛ですか?」って言うと平気ですって言うんだよ。わかるかい?骨の異常なんてのは、心のストレスがなきゃ出ないんだよ。

 

で、昔から病は気からって、だんだん解明されてくると、気持ちが痛みに逃れようとした時に、その場所の血液から酸素が減ってくるんだよ。

 

それで、痛みが出てくるって言うのがわかってきたんだよ。わかるかい?それで、『強気健康法』の話だよ。いいかい?

 

例えばの話だけど、大学まではちゃんと行ってた。大学から就職し出してから神経がおかしくなっちゃって、体がおかしくなって会社辞めなきゃいけなくなった!っていうのがあるよね。

 

で、それ、どういうことですか?っていうと、いいかい?

 

真ん中に空気入ってて、鉄の球を作って海にずーと沈めると、圧がだんだんだんだん増えてくると、ぶちゅ~って潰れちゃうんだよ。

 

何気圧って気圧に耐えるって、潜水艦だってずっと潜れるわけじゃないんだよ。潜水艦ってあんまり潜っちゃうとバッチャって潰れちゃうんだよ。OKですか?ここまで。

 

 

ということはどういうことですか?っていうと、自分の圧を上げていかなきゃならないんだよ。要するに、強気を上げていかなきゃならないんだよ。

 

なぜかというと、学校っていうのはお金を払って行ってるんだよ。お客さんなんだよ、あれ。

 

お客さんでは耐えられるくらの圧なんだよ。だけど、働きに行ってお給料もらい出すと「圧」が全然違うんだよ。ね、その時に学生と同じくらいの圧じゃダメなんだよ。

 

体育会系って意外に強いんだよ。このバカ野郎とかのべつ怒鳴られてると、慣れちゃうんだよ。ね?ところが、あの文化系だとか、あまり怒鳴られていない奴が会社行くとおかしくなっちゃうんだよ。ね?俺もそうなの。

 

自分で商売してた時、全国に何千人といるこの不況の中、連れていかなきゃならない。お弟子さんも10人だったのが、今は愛弟子勉強会なんかでものすごく増えてくると、自分の圧を上げていかなくちゃならないんだよ

 

要するに、強気度を上げていかなくちゃならないんだよ。それじゃないと、病気になっちゃうんだよ。

 

 

だから、腰が痛いだとか、若さ牛乳飲もうだとかさ、パニウツ飲もうとかは栄養の問題なんだよ。だから、この栄養の問題の他に、心を強気にしないとダメだよって。

 

じゃ、強気健康法ってどうやってやるんですか?って「強気!強気!」って言ってるだけなの。言ってるだけなんだけど、人って、強気になっている時って、弱気は消えてるんだよ。

 

だから強気にならないと、弱気が出てきちゃうの。で、よくストレスを無くばいいですよね?って言うけど、ストレスって無くならねんだよ。

 

自分が強くなっちゃえば、強くなった分だけストレスを感じないんだよ。ね?

 

あの、インドの人なんか、いつも裸足で歩いているけど俺、子どもの時に海水浴場で裸足で歩いている時に、煙草の火踏んでものすごくびっくりするくらい熱かったの。

 

インドのほうの人って煙草の火ぐらい踏んだって平気なの、足の皮が厚くて。わかる?要は、強くなっちゃえばいいの。

 

で、ストレスのない世の中なんてないの。だから、自分が強くなっちゃえば、ストレスは消えちゃうの。で、それを逆に言うと繊細で、弱く弱くしてくと、生きていけなくなっちゃうの。

 

 

で、今、家にいるのは平気だけど小学校に行くとおかしくなっちゃう子がいるの。幼稚園に行くとおかしくなっちゃう。わかるかな?ね?

 

ちょっとした圧に耐えられなくなっちゃってるの。だけど、人間は本当は無限に強いの。

 

あの、エビあるじゃん。鉄の球が潰れるのに深海行くと、エビとかカニが生きてんだよ。なんでこいつら潰れねんだろ。ビニール袋に水入れて、深海にバーって落っことしても潰れないんだよ。

 

水の圧と外の圧と同じなんだよ。入ってるのが水なんだよ。だから、その場その場に合わせられればいいの。ね?だから俺もそうなの。

 

今、何千って人連れていかなきゃなんねだよ。この不況の中連れていかなきゃならないんだよ。「大変だなぁ」って思っちゃうと、すごくストレスになっちゃうの。

 

 

で、神がこれをやれって言ってるんだからこれをやればいいの。だから、俺はものすごい急激に上がっちゃったから、圧が追いつかないと、時々病気になるんだよ。

 

すと、慌てて何をやるかというと自分の圧を上げるんだよ。要するに、強気を上げるの。強気を上げてそのバランスがとれると何でもないんだけど、また上がっていっちゃうんだよ。

 

最近、俺、作家でもないのに本を書いてくれって、いっぱいくるんだよ。本書くと立派なことを書くと、立派に生きなきゃなんねぇから、俺も大変なんだよ。だけど、強気になればいいだよ。

 

天風さんが、こういうのがあるのね。三井の御曹司が、天風さんの友だちで、「もう先生嫌になっちゃう」って、小さい時から出かけるというと、女中さんとか護衛の人とがいつも10人くらい付いてくる。後ろから、ぞろぞろ付いてくるんだって。

 

「それが嫌なんだ」って天風さんに話したら、「天風さんは金魚はうんこつけてても気にしてない」って言うんだよな(笑)

 

 

気にし出した時、病気になる。だから、もうあんたがそこの息子に生まれちゃったんだからしょうがないんだ。強くなればいいんだ。それが嫌だ!嫌だ!って言ってると病気にもなるし、相手だってそうですかって、一人では絶対出してくれないんだよ。

 

わかるかい?人間ってね、立場立場でいろいろあるの。ね?社会人になれば社会人、学生より強くなきゃダメなの。

 

で、強気!強気!って、体の中に強い気が流れてればいいの。

 

この気が元気なの。この「元気」という気が、弱気になってきた時におかしいの。わかるかい?だから、一気に強気にしちゃえばいいの。人間の心なんてのはコップ一杯分しかないの。

 

そこに弱気が入ってきたら一回水道の水を、タラッタラッてたらしながら、濁り水でもそこに水道の水をたらしておくと、朝までにきれいになっちゃうんだよ。黙々とね、強気!強気!って強気を入れればいいの。

 

 

あの、何回も言うけど、カルシウムが足んないのに強気!強気!って言ってもダメなんだよ。ちゃんと栄養は摂ってよ?ね?亜鉛が足りないとか、銅が足りないだとか、微量子でも足んないものがいっぱいあるから、ちゃんと摂んなきゃだめだよ。

 

それでもって、「強気」という言葉言わないとダメだよ。

 

もし、自分が、膝が痛いんです、首が痛いんです、片頭痛があるんです、痛みがあるもんがきたら、これもしかしたら脳の作用じゃねえか、脳が自分の否定的な感情を殺すためにやってるんじゃないか、自分は弱気になってないだろうか。

 

それから、腰が痛いんです、頭が痛いんです、咳が出るんです、そのこと利用しちゃダメだよ。都合が悪くなると咳出す人とかいるの。

 

で、これ言うとさ、あの喘息の子なんかに怒られちゃうかもわかんないけど、こういう事実があることだけ覚えておいてよ。

 

喘息の子は夜になると喘息が出るらしいの。それが、昔、軍隊に行ったの。で、夜中に咳きこんだの。そしたら、上官が来てビンタしたの。それから、出なくなっちゃったの(笑)。

 

それが、逆に言うと、咳を出してなんか都合が悪くなると「お前、大丈夫か?」。そのお互いのパターンができちゃったの。ね?あのね、え~、脳は、ストレスから逃れるためだったら何でもするよ

 

痛みでも何でも出すの。その代わし、脳はバレちゃうとそれができない。だから、これを聞いちゃってバレた人はもう出来ない。

 

 

え~、今日の話は以上です。え~、本当にね、この話は信じられる人、本当に少ないと思います。難易度の高い話ですけど、こういうことがあるんだ。

 

昔って「病は気から」って、だんだんだんだん証明されてくると、本当にそういうことが起きるんだ。それを最先端のアメリカの方やなんかが、これ、どうもおかしいぞ。

 

胃潰瘍ってどこ行ったんだ。何でこんなに減っちゃったんだ。その分、ヘルニアが何でこんなに増えちゃったんだ。それからわかってきたら、いろんなとこの痛み、これおかしいぞって。

 

骨が変形してるから痛いって、変形してるのに痛くない人いっぱいいるんだよ。

 

変形して痛いならずーっと痛いって、今日調子いいです!っておかしいんだよ。

 

え~、それから、何の変形もしてなくても痛い。そういう人がいるの。わかる?痛いところに弱気が溜まってるの。気の中の強い気じゃなくて弱気が溜まってんの

 

 

で、精神論って優しさとか、そっちばっかし競争すっけど、いいかい?強い精神論もあるの。変な弱気に負けちゃダメだよ。俺たち、生きてかなきゃなんねんだよ。

 

で、大学生だっていつまでも大学にいられない、いつか就職しなきゃなんないの。皆、優しい子なの。だけど、一個だけ言うけど弱気なの。

 

優しく育てたのはいいけど、あの、圧がだんだん上がってくるからね。わかるかい?会社行って、課長になることもあれば部長になることもある、長くいればだんだん出世もするんだよ。真面目にやってれば。

 

そうすっと、そんだけ深海に入ってくのと同じで「圧」がかかるの。

 

そしたら、同じ圧を出せばいいの。わかるかい?エビになればいい、カニになればいいの。

 

じゃないと、潰されちゃうよ?ね?で、脳を壊したくないの。脳を壊したくないから体を壊すの。わかるかい?痛みを出して脳を休ませるの。

 

だけど、一番いいのは、強気になればいいの。え~、以上でーす。

 

(省略)

 

その中で、気持ちの問題が、今、だんだんわかってきたんだよ。それを日本ってのは、因果の国といってな、あの、もう一歩進んだものがあるんだよ。

 

例えば、腰が痛いって言うと、目下の人と争っていませんか?とか、自分より年下の人を使って腹立ててませんか?とか。

 

で、全部があってんじゃないんだよ?ね?肺が苦しいんです!とかっていうと、誰かを哀れんでるとか、かわいそうそうだと思うとか、ね?あの、例えば、人を恋して片思いが続くと、肺を患っちゃったりするんだよね

 

目上の人嫌うと頭が痛くなるとか、そういうのがあるんだよ。だけど、要は、強くなるしかないんだよ。それを解明して解析したからって、しょうがないんだよな。

 

解析したいんだったら教えてあげるけど、全部がそうじゃないんだよ。「栄養とのバランス」なんだよ。ね?

 

 

で、これからは、こういうこともちゃんと教えていかなきゃいけないな。うちの会社って、膝腰で来る人とかいるじゃん。そういう人にじゃ、これ飲みな?って言った他に、こういう考え方しなきゃいけないよとか、要は、治ればいいんだよな?相手にとってな。

 

だから、治す方法を教えてやらなきゃいけない。わかる?

 

俺みたいな体の具合の悪い人でも、こんだけの仕事してるんだよ。俺、へたするとあの、病院にいる間でも仕事したり本を書いたり、普通の人の何倍ってしてるんだよ。

 

で、どうやって治すんですか?って言うと、元気という「圧」を上げるんだよ。一生懸命な。

 

で、もし信じる人がいたらやってほしい。もし、腰が痛いんです、膝が痛いんです、頭痛いんですって言ったら、それはストレスが脳を守るためにやってんだ。

 

潜在意識というのは、バレちゃうと他のこと考えるんだよ。しばらく、おとなしくしてんだよ。また別の痛みが出てくんだよ。

 

 

腰痛も、あ、「ただの腰痛ですよ」って言われた人は、早く治るんだよ。これは、ヘルニアで一生治りません!って言われた人は、ずっと治んないんだよ。ほんと、人間の思うことって違うんだよ。

 

で、レントゲン見せて、これ、骨がずれているでしょ?ってみんな納得するんだよ。みっちゃん先生が、この前あの、踊りを踊ってたんだよ。何だっけ、よさこい。

 

踊ってる時は全然痛くないんだよ、おかしいんだよホントは。だって、踊っている時の方が痛いならわかるんだよ。わかるかい?

 

その間、脳はそのストレスが消えてなくなってるんだよ。踊る方に夢中になってるから、そのストレスがないんだよ。いいかい?

 

ストレスがあるんじゃないんだよ。潜在意識という、ものすごくでかい心の闇があるんだよ。その中から、小さい時のこと、いろんなことが前世のことからでてくるんだよ。

 

出てくると、これを出てこさせると、また悩みに変わるから、嫌だから悩ましたくなくなるんだよ。

 

そうすると、痛みを出すんだよ。わかるかい?

 

 

すと、痛みを出すと、そのことを考えないようになってるんだよ。みっちゃんの場合、痛みが出るから、その間踊ってたんだ、要は、踊ってる間、考えてねぇってことなの。わかるかな?ね?

 

だから、変形してたから痛いんです!って言うけど、変形してても痛くない人がいるよね。変形で痛いんだったら、ずっと痛いよね。いいときと悪いときがあんの、おかしいよね。

 

悪いという時というのは、必ず脳が否定的なことを考えている。で、考えなきゃいいんだけど、考えないことはできないんだよ。だから、天風さんが「強くなれ!」って言ってるのはそっちなんだよ。ね?強くなればいいんだよ。

 

天風さんという人間が肺を患って、「死ぬ」ってなった時。すごく弱気になっちゃったんだよ。カリアッパーさんに何を習ったかと言うと、強気になった。強気になって回復したんだよ。

 

あの~、天風さんのお師匠さんがどのくらい強気かっていうと、崖っぷちをロバに乗って歩いててロバが来るってつまづいちゃうと、先人の谷に落っこちちゃう。天風さんは怖くてしかたがないんだよ。

 

 

カリアッパーさんに、「いくらなんでも危険じゃないですか?」って。何が。だって「落っこちちゃうと死んじゃいますよ」って言ったら、何の必要がある(笑)、何の必要があって落ちなきゃならない。

 

必要のないことは起きないんだっていう鉄則があるんだよ。だから、結核になるのも腰痛になるのも、腰痛の人は腰痛の人で、この話を聞くために腰痛になったんだとか、必ず自分のためになるものがあるんだよ。

 

自分のためにならないことは起きないの。落っこちて崖から落ちて死んだら、カリアッパさんは必要があったからだって死んでいくの。

 

この世に必要のないことは起きないの。全部が学びなの。わかるかい?

 

俺が、小さい頃から病気を何回もするの。病気をするからこそ、病人に対して哀れみもあるし、良いものを作らなきゃいけない。ね?それから、正直言って俺、薬、効かねえんだよ。だから、食べ物の方へいくんだよ。

 

薬が効いてりゃただのいい患者だで終わってたんだよ。だから、食べ物でいくんだよ。食べ物でいっても、食べ物だけで治んないの。精神的と両方やらなきゃならないんだよ。だから、俺にとっては必要なの。今のこの状態がね。

 

だから、一生懸命人に話したりするの。で、因果のこともす~ごくよく知ってるの。ただ、因果のことばっかり習いたがる。治すために教えてるんだよ、俺は。

 

何か、随分長くなりました。え~、ありがとうございます。今日で話終わります。

 

 

強気じゃなきゃだめだよ。弱気になったらね、負けるしね、あの、病気を利用して生きちゃダメだよ。

 

病気を利用すると、悪魔と手を結ぶのと同じだから、一生台なしになるよ。ね、あの弱気と手を結んじゃダメだよ。

 

人間と言うのはそんな弱い動物じゃないんだよ。起源はアフリカでヒマラヤを素手でよじ登ってきたの。

 

弱気な人間は死に絶えたの。強い奴だけが生き残ったの。その結晶だからね。

 

え~、話は以上で終わります。

 

みなさん、どうもありがとうございました~。

 

 

はい、追伸で~す。

 

え~とですね、え~、腰が痛いとかね、腕が痛いとか、首が痛いとかってあるでしょ。

 

そしたらね、首が痛くても腰が痛くても、これは脳がいたずらしてるんだ。本当は、脳の指令でそうなってるんだ。俺は見破ってるぞって。

 

こういうことで、脳に言い聞かせてください。「もう、やめな」って。「俺はもうわかってるよ」って。

 

後は、「強気!強気!強気!」って言霊で言ってると、脳はだんだんおとなしくなってくるわけね。

 

ただし、顕在意識ではよくわかったよ、理解できたよっていう人がいるんだけど、潜在意識に入るのは、ストン!と聞いてその日に入っちゃう人もいるんです。

 

ただ、普通は2~3週間かかるの。長い人なら2~3ヶ月かかる人がいるんだけど、やり続けてれば、誰でも同じように潜在意識の中に入るからね。

 

 

ただし、ここが面白いところだから聴いてよ。2~3ヶ月やってみればいいんだというつもりでやると、脳はそれを聴いてるからね。

 

この人は2~3ヶ月以上、痛めつければすぐやめる人だって思うからね。

 

だから、脳にそう思わせないように、俺は一生でもやり続けるぞ!!って。今世だめなら来世でもやるぞ!っていうこのくらい強気にならないとダメだよ。

 

「試しにちょっとやってみましょう」ぐらいでは、脳とか潜在意識には何の影響も与えられないからね。

 

そのことは、しっかりと覚えてないとダメだよ。

 

 

それからね、あの、え~、腰の痛みなんだけどね、目下の人と擦れ合う、子どものこととか会社で使っている人とか、そういう目下の人と擦れ合うと腰が痛くなることが多いのね。

 

なんで、こんな話をするかというと、日本て、昔はそういうことを研究していた人がいるのね。

 

目上の人を嫌うと頭が痛くなるとかね。目の上に腫れができるとか、あと、使っている人のことを、手先で使っている人、その人にすごい腹立ててると、手に膨れが出てきちゃったりする。

 

目上を嫌うと、目の上が痛くなる。何を言いたいかと言うと、この国って本当に「言霊の国」なの。だから、目上っていうと、目上が痛くなったりとかって、すごく言霊に関連した国なの。

 

だから、強気になりたかったら強気って言いな!って言うと、たった、それだけでなるんですか?って言うけど、言霊ってそういうものなの。

 

試しに「弱気!弱気!」って言ってみな。何か、心が弱気になってくるから。で、「強気!強気!強気!強気!」って言ってると、心の中が鼓舞されてくるの。そういう風に、日本の言葉ってできてるの

 

神代の時代から、我々はそういうものに包まれて生きているの。ということなのね。

 

 

だから、そのことをしっかり頭の中に入れておいて、潜在意識に強気!強気!強気!というのを入れて、弱気を全部追い出しちゃうぐらいのつもりにならないとダメだよ。

 

で、それを昔は迷信だって言ってたのが、はっきり、だんだんだんだんわかってきたの。この最高にすごい情報を、例えばうちだとしたらさ、今あの、歩き元気なんか買いに来ている人って、真剣に治したいの。

 

だから、わざわざ来るんだよね。そういう人たちにこういうテープ聞かせるとかね、説明するとか、もちろん、うまく説明できなければこういうのを聞かせりゃいんだけど、ね、他人事だと思っちゃダメだよ。

 

物を買いに来たから売って、さよならしちゃダメだよ。いいかい?

 

物を売るんじゃないんだよ。治して欲しくて来てんだよ。相手は歩き元気が欲しいんじゃないんだよ。健康が欲しいんだよ。ね?だから真剣になってあげなよ。

 

わが子の事だったら真剣になるだろ。な?お客さんに真剣にならないって薄情なんだよ。それ、いけないんだよ。ね?

 

あのね、自分も見てるし神様も見てるんだよ。

 

このことからね、また魂の勉強がいっぱいできるといいよね。

 

え~、どうもありがとうございます。