自分を許した人間は「千手観音」として生きることができる【斎藤一人】

自分を許した人間は「千手観音」として生きることができる【斎藤一人】

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

自分を許さないと、どういうことが起きるか。よくあの、人が許せない、自分が許せない、って色々いるんだけれど、許すということは、自分はもうこういうだらしがない人間でとかさ、こういうところが私許せないのよっていう人がいるんだけど、そういう自分を許してあげるってことなんです

 

何やっても長続きしないのにとか、小さい時から色々やったけど全部うまくいかないのよ。でまず、そういう人を許してあげること。それで、これ何が大切かって言うと、自分を許せない人って自分だけを許せないんじゃないんですよ。聞いてると、あの人も許せない、この人も許さない、自分の親も許せない。で、自分の親も完璧じゃないんです。

 

だらしがない親だったり、それから、自分のところの会社の上司だと、上役だって、もうだらしがないんですよね、いばりんぼだったりね。ちょっと金持っちゃったら、なんつうの、横柄な態度をとったり。ところがそういう人をどうするんですかって言うと、許してあげるんです。

 

あの、仕事するとなかなかこう、うまくいかない。で、あのうまくいかないから、もうこれやめますでいいんですかって言うんだけど、結局できないんだよね。

 

で、できないならできないでいいの。会社の人は、すいません私これ向かないから、他の仕事ありませんか、とか。どうしてもこれできないから他の仕事ありませんかって、言って次の仕事をやればいいんだよね。

 

それを、できない自分が許せないですって、できない上に会社でぐじゅぐじゅしてられると、本当に周りの人の迷惑するんだよ。もし自分が上役だと思って、で、その人できないんだよね。って、できない上に何で私ができないのかしらとか、ノイローゼになったら落ち込まれたりすると、本当にこう、本当に困るんだよ。

 

だから、そういうことはやめて、できないならできないでいいから、できない自分を許してあげて。それで今医学的にも色々分かってきて、許せない状態だと交感神経っていうのがばっと発達するから、体が硬直するの。

 

だからよく、肩がばりばりなんです体がばりばりなんですっていう人は、自分を許せないか人を許せない。で、そういう人って許すと体がふわって緩むようになってる。許すっていう意味は緩めるっていう意味なの。

 

そうすると、副交感神経がわっと発達して、免疫力が強くなって体の悪い病原菌やっつけたり、健康になったりするのね。

 

なかなか病気が治らない人ってね、何かが許せない。だから中には、あの人許せないこの人許せない、会社のあの人許せない。全く日本の政治家は何やってんだって、もう国が悪い何が悪い何が悪いかに割れてる。悪いってことはその人を許せないんだよね。

 

そしてその、これが許せないあれが許せないって言いながらずっと酒飲んで、で酒飲めば体は緩むんだよね。血行良くなるから。

 

だとしたら、本当は、あれも許すこれも許す、もう神経からなんから全部緩めた方が良いのに、緊張させながら緩めることしてるっていうのは、アクセル踏みながらブレーキ踏んでるようなもので、そういう酒の飲み方をしてると、非常に体に悪いし二日酔い起こしたりするよね。

 

だからまず自分を許す、まず自分を許す訓練をすることだよ。

 

それから、許せない人が、色んなことを許せない人が苦しくなっちゃって、精神論やる人がいる。精神論をやるとどうなるかって言うと、もう親が、お母さん許せないんですお父さん許せないんです、身内のあれをこうでこうで許せないんですっていう人は、精神論を読むと、精神論を読んだって許せないんだよ。

 

自分はなぜ精神論までやってるのにこの人を許せないんだろうって、精神論をやったことで自分を苦しめるんだよね。精神論をやっても私は許せないんです、自分を許せないし人も許せないんですって言ったら、そういう自分を許すの。

 

許そうと思ってもまだ許せないんです言ったら、そういう自分を許すの。どこまで行っても自分を許すしかないの。で、そうすると人も許せるようになるよって言う。ただこれだけの事で、許せば緩むの。

 

そうすると、人生ってどう変わるんですかって言うと、今まで、この世の中には、類は友を呼ぶという宇宙法則がある。そうすると、自分を許せないんですって言ってる周りには必ず、会社で人のことを怒鳴りつけてばっかりいる人って、人を許せない人がいる。

 

自分は自分を許せないの。釣り合ってるの。怒鳴ってる人は人を許せないんだよね。あんたが自分を許せないんだよね。要は許せない人同士が集まってる。そうしたばっかしが集まってくるから、まず自分を許すようなっちゃうと、なぜか自分を許せる人が集まってくる。

 

で、人まで許せるようなってくると人を許せるようになってくる。許してばっかりいたら人って何もできないじゃないかって言うけど、そうじゃないの。人間っていうのは、許せないと、固まるの。肩もこる、実は心も固まっちゃう。で、固まってる時っていうのは動けないの。

 

だから本当は行動も何もできない。で、その固まったまま、このままじゃいけないから何かしなきゃって言って、何か習い事行って何にもうまくいかないの。

 

なぜかって言うと、手足縛られたまま、習字習いに行ったってうまくできないんだよね。ボクシング行こうが、空手習いに行こうが何もうまくいかないんだよ。あの手もこの手も出せないの。

 

人間っていうのは千手観音さんで、手が千本ある観音様があるのね。あれは、私を拝めば千の手で救ってくれるって言ってるんじゃないの。あなたの中に千手観音がいて、この手が駄目だったらあの手、一個に対して千のやり方がありますよ

 

千のやり方を出しなさいって言ってるの。でも、許せない人、自分を許せないし人も許せない人は、本当一個の手も出せないの。だって縛っちゃってるの。で、手はあるの。でも固まってるの。首が凝るんです肩が凝るんです腰が凝るんです。

 

必ず許せない人がいる。頭が痛いんです、頭の中の脳がこっちゃって血が行かないの。目上の人、で許せない人いませんか。

 

首っていうのは頭と胴体を繋ぐ。てことは何ですかって言ったら、他人との人間関係を表す。だから人間関係において首が凝ってしょうがないとして、人間関係で許せない人いませんか。自分も人間関係なんだよ。分かるか。自分という人間との関係がうまく行ってないと、自分が許せないんですって言ってると、首凝ってくるよね。

 

人が許せないって言うと、これ人間関係なんだよ。腰って言ったら自分より下だよね。目より下の、目下の人で、腹立ててる人いませんか。子供に、子供が腹立っても、腹立ってるってことは許せないってことだよ。許せない人いませんか。それを許してみる。

 

許すってことはよく言うの、許すってことは放っておくんですね、とか何もしないです、そんな冷たいこと言ってるんじゃない。怒らないで、目下の人に、これとこれとこれはこうだよって、落ち着いて注意をすればいいんだよね

 

教えればいいだけのことは、腹立ててる間に教えればいい。それで、いや、教えても言うこと聞かないんです。そしたら言い方が悪い。だって、昨日と同じ注意の仕方しなかった?一昨日と同じ注意の仕方しなかった?何度言わせるのってことは、何度も同じこと言ってますよね。

 

言い方変えてないの。この手出したら次の手、その次の手次の手って、次の手次の手。今度はどういう言い方しようか。こういう言い方しようか、ああいう言い方しようか。そうすると自分の勉強にもなるの。楽しみにもなるの。

 

今度は何て言ってあげようかなとか。まだ一手しか出してないのに腹ばっかし立ててるけど、あなたは千手観音だよって。千の手を出せばいいの

 

だから、次次って出す。で、なぜ出ないんですかって言うと、ちょっと一個出した時に、もう許せないって、もう次の手固まっちゃってるの。だからそれじゃ駄目なんだよって。だから目下の人に腹立てるよりも、教えればいいの。

 

順々とこうやって教えていれば、親子やなんかなら良くなって、切って切れない人だったら。で、縁を切れる人だったら、あなたに怒らせる人、何度注意されても言うこと聞かない人、ワンパターンで一回注意するたびに頭に血のぼらせてる人と、釣り合いが取れてるの。

 

今もあなたにちょうどいいって言って、あんたにちょうどいい人しか出てこないの。だから、同類なの。だから自分が腹立てるんじゃなくて、分かるように説明してあげようと思った時、その人が変わるか、縁が切れていなくなるの

 

だって未熟だと思わない?腹立てちゃいけない、じゃ放っておくんですね。もう挑戦的だよねって。よくそういう人いるの。俺が教えてあげる、そういうこと言ってそれって意見じゃなくてあんた絡んでんだよねって。

 

そういう生き方よしなって。それより、自分を許しな。でも私人のこと絡むの止められないの、そういう自分を許しな。そしたらふわっと緩んだ時、きっとそういうことしなくなるから。自分を許そうね。

 

自分を許すと、体も緩んで、幸せになっていい言葉をいっぱい受けるの。この状態じゃ許せないっていうことは、その状態で許してごらん。自分を許して、人を許して、みんな、現象は全部変わるから。

 

今のあなたに起きてる現象は、今のあなたにちょうどいいから起きてるの。釣り合いが取れてるの。

 

だから自分を許せるようになった人間に、起きる現象は全部変わるの。で、もし変わんなくても変わんないその世の中を許してあげてごらん。そしたら、また変わるから。必ず変わるんだよって。

 

幸せになるからね、幸せの道とは自分を許すこと。できたら人も許すこと。で、それができなかったら、できない自分を許すこと。そしたら、周りにできない人がいっぱい出てくるから、そしたらその人たちも許せる。

 

そうすると現象が変わるよ、自分一人じゃないよ。世の中の現象が変わる。目の前が変わるよ。

<スポンサーリンク>
 このエントリーをはてなブックマークに追加  

タイトル一覧

『万病一元論』腸をキレイにする健康法【斎藤一人】
決して油断してはいけない腸の健康状態【斎藤一人】
奇跡を起こす人が意識しているたった一つのこと【斎藤一人】
悪口を言っている人は自分の毒で破滅するよ【斎藤一人】
息を引き取る前にあなたに気づいてもらいたい【斎藤一人】
神様が降りてくる人の心には必ず御柱が立っている【斎藤一人】
トラブルの絶えない人が見落としている最高の神事【斎藤一人】
神的な言霊で免疫力を高め奇跡的に病気を治す方法【斎藤一人】
嫌な予感がしても絶対に流されない不動心【斎藤一人】
脳のストレスが体に与える影響について【斎藤一人】
お医者さんの力では治せない「難病」について【斎藤一人】
「真面目」が不幸の構成要素になることもある【斎藤一人】
人への反抗心は神様がつけた大切な要素【斎藤一人】
苦労を乗り越えてがんばりすぎた人の代償【斎藤一人】
『神様の希望』顔晴る人は苦労に負けない【斎藤一人】
潜在意識の書き換えで「腰痛」が治った人【斎藤一人】
老化を防ぐために最も効果的な生き方とは【斎藤一人】
【言霊の力を使う】科学的根拠はなくていい。
伝染病の予防は生活習慣にかかってるよ!【斎藤一人】
腰痛を治す方法【斎藤一人】
何か起きる度にうろたえるのやめな?【斎藤一人】
「そうだよね、わかるよ」の話【斎藤一人】
病気の人は病気ではなく健康に目を向ける【斎藤一人】