いつも上機嫌でいる心構えが奇跡を生む【斎藤一人】

いつも上機嫌でいる心構えが奇跡を生む【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの音声(文字起こし)

 

ひとりさんって、機嫌いいですよね?って、俺、機嫌がいいんです。

 

それでね、いつも幸せなんです。幸せってね・・、不幸とは感情なんです。

 

不幸とは湧き上がるものなんです。自分は不幸なことばっかり考えちゃうって言うけど、考えてないから不幸になるんです。

 

人間っていうのは、不幸なことを考えるようにできてるんです。

 

なぜかっていうと、これから冬が来ると、「冬が来たら大変だ」とか、「食料がなくなったら大変だ」とかって、不幸を考えるようにできてるんです。

 

で、幸せとは『意思』なの。わかるかな。幸せっていうのは、どうしても幸せな方にもっていくの。

 

 

今日もご飯が食えて幸せだなとか、朝起きれて幸せだなとかね、「意思」で持ってくの。

 

だから、意思とはね、「人間の舵(かじ)」なの。舵って船のね。山火事の火事じゃないよ(笑)

 

面舵取り舵(おもかじとりかじ)の舵なの。俺たちには舵が付いてるの。

 

感情的に生きるのが人間らしいっていうけど、猿でも何でも感情的に生きてんだよ。人間だけが意思があるの。

 

それでね、長々、こんな話しちゃいけないんだけどさ、人は「上機嫌(上気元)」で生きるの。

 

今日はすごく美味しかったの。でも俺、とんでもないまずい料理が出てきても上機嫌なの。

 

そんなことで機嫌を崩しちゃいけないの。

 

 

だから、日本中からひとりさんに会いに来る人がいるんだけど、今日機嫌が悪かったり、明日機嫌が悪かったりしたら、周りにいる人が大変なの。

 

ひとりさんと会って機嫌が悪いの見た人いないの。だから、いつでもどこでもみんなが会いに来てくれる。

 

で、嫌なことがあっても機嫌よくしてる修行なの。この修行やるとすごい楽しいの。

 

この世の中の最高のボランティアとは、機嫌よくしてることなの。

 

機嫌の悪い奴がいると、周りが気を使うの。自分の機嫌は自分でとるの。人に機嫌とらしちゃダメなの

 

自分の機嫌くらい自分でとって生きていくの。

 

 

上気元と中気元と不気元(不機嫌)があるの。

 

不機嫌な奴には、不機嫌な出来事がしょっちゅう起きるの。

 

普通にしていていいことありませんか、っていうけど、普通のやつには普通のことしか起きないんだよ。わかるかい?

 

幸せっていうのは、与えられた幸せは全部逃げて行くの。全部裏切るんだよ。

 

人から与えられるもんじゃないんだよ、幸せっていうのは。

 

うちの姉さんがね、この前まで不幸だったんだよ。二言目(ふたことめ)にはね、「私はいいからお前が幸せになんな?」って言うんだよ。

 

まんじゅう分けてんじゃないんだよ(笑)。幸せとは物じゃないんだよ。幸せとは、その人が気づいて感じるものなんだよ

 

あの、中にはね、ひとりさんみたいに大金持ちになったら幸せなんですか?って、幸せだから金持ちになったんだよ。

 

俺は金が無いときから、ずうっとこうやって生きてきたんだよ!

 

 

幸せとはまんじゅう分けてるんじゃないんだよ。自分が幸せだと思うことなの。

 

俺は病気してても幸せなの。本当に俺の病室だけ、看護婦がいつもいっぱいでハーレムのようだったの(笑)

 

看護婦さんだと思っちゃだめなの、コスプレだと思わなきゃダメなの(笑)

 

人間ってね、どんな風に思ってもいいけど、自分の機嫌を上機嫌にもっていくの。

 

これができないと周りが迷惑するんだよって

 

周りに迷惑かけるっていうのは、ここへ嫌な奴が来てブスッとしてると、あれ?怒り出すんじゃないかって。不幸は移るんだよ。

 

あなたが「不幸の種」を蒔いたら、麦を蒔きゃ麦を刈り取る時が絶対来るんだよ。

 

ジャガイモを蒔いたらジャガイモが絶対に出てくるんだよ。

 

上機嫌をいつも蒔いてる人間には、上機嫌なことが起きるんだよ。これを『上機嫌の奇跡』って言うんだよ。

 

だから俺は上機嫌の奇跡はいつも起きるんだよ。

 

 

俺は、この神崎(こうざき)も通ってただけなんだよ。

 

それが今日もこうやってね忘年会に呼んでもらって、何で俺がここで話をしてるんだってことになるんだけど。

 

でもこれもね、神崎で俺がね、怒ったような顔、悲しいような顔してたらきっと声がかかんなかったと思うの。

 

いつも上機嫌でいたからね、こういう『奇跡』が起きたんだと思うんだよね。

 

だから、上機嫌に持ってく舵(かじ)を持っているんだよね

 

ともかく朝目覚めたら、目が覚めたんだよ。目が覚めなかった奴がいっぱいいるんだよ。

 

そのまま死んじゃった奴が何人もいるんだよ(笑)

 

目が覚めたら幸せなの。ご飯食えたら幸せなの。いいかい?物を食うとき黙って食ったらただの朝飯なの。

 

「美味しいね♪」って言ったら美味しい朝飯になるの。それを言霊っていうの。

 

幸せっていうのは、黙ってちゃダメなの。「幸せだね♪」って言うの。

 

言葉に付いて来るの。人はね笑顔になれば、心が緩んで幸せになるの。

 

だから微笑めばいいの。不幸な奴は微笑みが足りないんだよ

 

楽しいから笑うんじゃないんだよ、笑うから人は楽しくなるんだよ。本当にそうなんだよ。

 

だから、笑いながら悲しむことはできないんだよ。

 

 

あのね、こうやってわざとあくびをすると、あくびって出るんだよ。

 

あくびをすれば内臓が緩むようになっているの。

 

人は笑顔にして『愛のある天国言葉』をしゃべれば、幸せになるようにできているの。

 

神様は舵も何もくれてるの。ハンドルもあるの。顔の筋肉は自分で動かせるの。笑顔にできるの。

 

で、笑顔になるから楽しいことを考えだすの。何かを変えればいいんだよ。

 

般若心経は、この世の全てのものには構成要素がある。

 

缶コーヒーってのは、缶と、水と、珈琲豆と、砂糖と、ミルクなんだよ。あれから缶を取ったら缶コーヒーじゃないんだよ(笑)

 

暗い事を考え、暗そうな顔をし、暗い発言をしてるんだよ。何か一個やめればいいんだよ。

 

 

俺たち、ひとりさん仲間は、上機嫌の修行をしてるの。滝に打たれるのも修行、座禅も修行なんだよ。

 

でも、どんな修行よりもいいのは、上機嫌でいる修行なんだよ

 

滝に打たれて悟り開いたって言っても、悟り開いてどうすんの?不機嫌で生きるの?ブスッとしてんの?結局、上機嫌に生きるんだよ。

 

悟りとはね、上機嫌に生きるということなの。最高の上機嫌で生きる修行なの。

 

俺たち旅館に行くと、一枚で十枚かけたくらい重い布団が出てくることがあるの。

 

そうすると、どっちが重いかとかって競争するの(笑)

 

布団が重いぐらいで上機嫌を崩しちゃいけないの。戦いなの。

 

で、それを俺は修行だと思って生きているの。だから、毎日上機嫌で生きることが俺の修行なの。

 

 

で、ちょっとそっとのことじゃあ、俺の上機嫌は崩れないの。

 

で、みんなももし、やる気があったら、今日から上機嫌の修行をやってみるとね、本当に楽しい。

 

上機嫌で生きるようになると、もったいなくて不機嫌でいられないの

 

もったいないんだよ、1時間がもったいないんだよ、一日がもったいないの。

 

黙ってたら、上機嫌なんか一年のうち一日しかないんだよ。

 

意図的にやりぁ、毎日上機嫌なんだよ。一年で10年分も20年分も楽しいんだよ。

 

不機嫌な人生なんて嫌だよ。上機嫌でいれば奇跡が起きるんだよ。ね?

 

上機嫌な人がここの店に入って来ただけで、ウェイターさんから何から全部が、上機嫌にだんだんだんだんなってくるんだよ。

 

不機嫌な人間がいるだけで不機嫌になってくるんだよ。

 

あなたは何を発信してますか?どうせなら、上機嫌を蒔いて、上機嫌を刈り取ろうよ。上機嫌の実がなるから。

 

今日も私は『上機嫌(上気元)』です。どうもありがとう。