病気の人は病気ではなく健康に目を向ける【斎藤一人】

病気の人は病気ではなく健康に目を向ける【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

信じなくてもいいからね?いいか?これ、どっちが裏か表かわかんねぇけど、まぁ、こう裏と表があるじゃん。で、何でもこう裏と表があるよね。

 

とね、「病気」と「健康」ってね、裏表のセットみたいなもんなんだよ。で、医者行くなとかって言うんじゃないよ。

 

薬飲んでる人は飲んでて。何にも変えることないからね。

 

ただ、俺たちは心の話をしてっから、心だけのことを言いたいんだよ?

 

 

病気の人は、うらがしの、こういう蓋(ふた)の裏、裏ばっかし見てんだよ。で、病気という言葉自体が『言霊』が悪いんだよ。

 

で、「病気」って言いすぎるんだよ。で、健康になりたかったら、これひっくり返して、「私は健康です!」って1日10回ぐらい言えばいいの。

 

元気になりたかったら「私は元気です!」って決めつけちゃえばいいの。「私は元気です、私は健康です」。人に会った時も、「私、健康ですから」。

 

 

医者行って言っちゃダメだよ?(笑)。「私健康ですから」って(笑)。わかるかい?何しに来たんですか?とか言われる(笑)。

 

医者行った時だけは事情言っていいけど、後はね、周りにいる人って、親とか兄弟とか会社の人とかね、言ったって心配させるだけなの。

 

治すことはできないの。で、治らない人に「病気です!」とか、いろいろ言うから、相手に心配かけるだけだよって。

 

 

それよりも、「私、健康です!」「絶好調です!」とか、言ってると、心が変わってくるの。

 

心が変われば体ってのは、後からついてくるよっていうのが、俺たちが、心の、心から治すっていう治し方なの。

 

で、病気の人っていうのは、考え方が病気なの。で、病気のことを考え、病気の話をするんだよ。

 

それで、どうやって健康になるの?ひっくり返して、健康になってから言うんじゃダメなの。

 

 

「私は健康です!」って言うの。で、1日10回ぐらい言うの。

 

そうすると、健康なんだ!って気がしてくるの。

 

で、嘘みたいだけどそういうもんなの。要は、「病気」という気なの。「元気」という気なの。