生まれる前から誰と出会うか決まっている【斎藤一人】

生まれる前から誰と出会うか決まっている【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

人間関係というのを修行しにこの世の中へ出て来てるんだけど、その中で最大の修行がですね、実は結婚なんです。

 

それで、世界で一番相性の悪い人と会うと惚れて結婚しちゃうんです。

 

別に信じなくてもいいですよ?変な話ですからね。一生に一回くらい、この話聞いとくといいんですけど。

 

 

そうするとですね、かちっとスイッチが入っちゃうんです。そうすると、結婚するんですけれど、よく同棲したらとかって、同棲してる間はお互い猫かぶってるの。

 

ところが、結婚してですね、教会のチャイムが鳴るとですね、あれをゴングと呼んでるんですけど、ゴングが鳴ると同時に試合が始まるんです。壮絶なるバトル戦が始まるんですね。
で、結婚してる人はよくわかる、で、結婚してない人はね、もう全然信じられないよね。私だけは違うと思ってる。

 

 

天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)、要するに天の網(あみ)は、目が粗い(あらい)けど、一つも漏れがないんだってことが結婚するとわかるんですね。
で、よくあの、結婚式で新郎と新婦が一番言うのは、言いたいことが言い合える夫婦になりたいって、ダメですよ(笑)言いたいことなんか言ったらえらいことになります、他人ですからね。お互いマナーというのを持って、言いたいことは言わない方がいいです。遠慮しながらね、しゃべるということですね。

 

 

それで、何言いたいんですか?っていうとね、最高に悪い男の人が出てくると、脳から特殊な本能が出るんです。この本能が出ると脳が一時的に錯乱しちゃうんです。

 

で、これはね、ロシアで発見されたホルモンで、非常に長い名前で覚えられなかったんですけど、私がそれをヘナモンと呼んでるんですけど、このヘナモンが分泌されるんですね。

 

で、このヘナモンが分泌されると、ひどければひどいほどバンバン出るんです。それで、この素敵な男性をって親のとこへ連れてくと、親から見ると別にヘナモンは親は出ませんから、これはよくないと冷静に見えるわけですね。

 

 

そうすると、自分は出てます。バンバン出てるから、んなこと言ったってこの人は良い人なんだからとかって、親の言うことも何も振り払っていきます。

 

で、結婚するとですね、このヘナモンが減り出すんですよ。で、これが減ってくるとですね、親が見てたような人に見えてくるんです。

 

嫌なことはたいがいします。ゴロゴロしてんのが嫌な人はします。やきもち焼かれるのが嫌な人は焼きもちやきます。もう自分が嫌なことはたいがいします。束縛されるのが嫌な人は束縛しますね。で、そういうのが出てきます。わかりますか?

 

それで、さっと別れるわけにはいかないんです。なぜなら、親にあんなに反対して「本当は良い人なんだ」って言った手前もありますから、もう少し修行は続きます。

 

私は結婚を反対してるんじゃないですよ?結婚はした方がいいんです。なぜかっていうと、する時は幸せ、別れた時は倍幸せなんです。人生で二度楽しめた上に、二度修行になる。おそらくこんないいものはないんじゃないか。。変わった人の話ですから、信じなくていいですよ。

 

 

それで、うまくやる方法ないんですか?っつうと実はあるんです。

 

まず、相手に絶対期待しない。それから絶対相手を変えようとしない。期待しない、変えようとしない。なぜかって、変えようとした方が苦労するんです。だって相手は何も悪いと思ってないんです。

 

何でですかっていうと、実は育ってきた家庭が違うんです。例えば、うちなんか商人ですから、「お水ちょうだい」ったら、私たちお水持っていきますよね。

 

お水持ってったら褒められるんじゃないんです。お水持ってったら頭バンです。なぜかっていうと返事しないから。「おい、お水!」って言ったら、「はい!」って言わなきゃいけない。だって使用人の人いっぱい使ってると、返事しないってことは大変に悪いことなんです。わかりますか?で、そういう家庭で育っちゃったんです。

 

ところが、私の、例えば奥さんがそういう家庭じゃなくて、「お水!」ったら、黙ってお水持って来れば「良い子だね」って育てられてると、返事なんかしないんです。と、こっちは聞こえてないんじゃないか?と思って、「おい、お水!」って言いますよね。まだ黙ってるからお水って言うと、「今持ってってんでしょ」って言われるとムカッとするんですよ。

 

 

結局ね、育ってきた家庭の違う人が、一軒の家に住むんですよね。その時に、何にも期待しないでずっと見てると、はいって言わないと殴られる家庭もあれば、殴られない家庭もあるんだな。。

 

私たちは待ち合わせっていうとね、10分前に行くの。それで待ってるの。だって、待ち合わせには絶対遅れちゃいけないよって言われてんですよ。

 

ところが、うちの会社員で30分くらい平気で遅れてくる。下手すると1時間くらい遅れる。

 

こういう人が現れたのは、絶対何かの修行なんだと思ってじーっと見てると、そうすると別にね、信用失ってるわけでもないんだよね。で、仲間もいて良い人ねとかって言われてんだよね。10分前からずっと待ってた俺はどうなるんだ(笑)

 

 

世の中って、いろんな人がいるの。それの集大成が夫婦みたいなもので、この前こういう話してたらね、若い人たちがね、私のとこへ来て今度結婚するんです、結婚式出てくださいって。いよいよ良い修行になるなって俺が言ったら、もう聞いてるからわかってます。そしたらね、「どうせ修行するならこの人としたいんです」って。もうね、感激しましたね。それで今、修行してます。修行は逃れられません。

 

どうせするならこういう人と修行したいんだっていう、たったそれだけなの。

 

それで、結婚しない人はどうなんですか?っていうと、結婚しない人ってのは、仕事やったり何か部下使ったりね、要は皆ね、人間関係なの。

 

 

だから、新幹線がバーってきたら線路の上歩いててもいいけど、新幹線来たらちょっと降りた方がいいよね。それと同じようにあんまり仲の悪い人いたら正面衝突になっちゃうから、ちょっと避けるとか、生きてるってことは人間関係じゃない。

 

さっささっささ、うまーくね、交通ルールみたいのを作って、家庭の中だろうが友達だろうが、ね?だから、みっとなる言葉っていうんだけど、しゃべってる言葉は明るくて笑いがあって、だから、どんな話にも笑いって入れられるんだよねって。

 

 

で、楽しく話して、楽しくいろんなことができればいいんだ。そしたら、人間ってハッピーでね。で、完璧にはできないんだよ?大社長、完璧にできるんですか?ってできない、完璧にできる人って生まれ変わってこないの。もう仏様の位になっちゃってるから。俺たちもう一回行ってこいって、やり直しですからね。今やり直しに来てるぐらいだから、たいしてできないの。

 

だけど、楽しく少しずつ生きていきたいねっていうことなの。

 

 

えー、最後になるんですけど、私の好きな話します。ある男の人が浜辺で横になって空を見てたら、今まで自分が生きてきたことが走馬燈のようにプワーっと浮かんできて、で、いっつも自分と神様と一緒で2つの足跡が海岸についてたんだけど、自分が苦労した時、悲しい時、そういう時は足跡が1個しかついてない。また幸せな時は2個になる。でも、苦しい時悲しい時は足跡が1個になっちゃう。はぁ~、神様はどうして私が辛い時悲しい時、私をお見捨てになったんですか?っていったら、天から声が聞こえて、「それは違う、おまえが苦しい時悲しい時、おまえを背負って歩いたんだよ。だから足跡は一つなんだよ」。

 

本当に今日、皆に出会えてうれしいです。私は今日のことを一生忘れないと思います。どうもありがとうございました。