あなたの愛情で子どもを幸せにする方法【斎藤一人】

あなたの愛情で子どもを幸せにする方法【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの音声(文字起こし)

 

はい、おはようございまーす。斎藤一人です。

 

え~、親子関係について質問が多いので、お答えします。

 

はじめになんですけど、「子どものことが心配でしょうがない」っつう親がいるんです。

 

こういう人の質問が多いのでお答えします。

 

まず第一に、お母さんに知っててほしいのは、「心配だ!」ってことは「信じられない」っていうことですよね?

 

 

信じてたら心配ってことはないもんね?

 

ってことは、あなたは子供のことを「信じられない!信じられない!」って、ずーっと言ってるんだっていうことをよく覚えといてください。

 

子どもにはそうやって聞こえます。周りの人にもそうやって聞こえます。

 

何か、心配すると、あなたが自分がいい親のように思ってるけど、我が子も信じられないっていうのは、ちょっとおかしいです。

 

 

一番いいのは、『信じてるよ♪』。で、信じると子どもだから間違い犯します。

 

そしたら、ゆるしてあげて、また信じる。それの繰り返しなんです。

 

で、子どもっていうのは、信じられると最後には、信じてる親に迷惑かけない。それから、心配させたくない!って思うから、あなたが「心配だ!」って言う癖を「信じてるよ!!」っていうふうに変えてください。

 

え~、以上でーす。

 

 

はい、え~、次の質問にいきまーす。

 

え~、『子育て』について悩んでる人が多いので、あの、お答えします。

 

答えがあの、重複してしまうこともあります。

 

あの~、非常に似通ってるんだけど、微妙に違いますから、あの、自分たちで聞き分けてください。

 

まず、あの、子育てについて悩んでるっていうんですけど、実は、親は子供に育てられてるんです。

 

で、何を言いたいんですか?っていうと、あの、あなたはお母さんとして、あなたはお父さんとして、子供と同じ次元に立ってませんか?って。

 

子供と同じことに、なんっていうの、一喜一憂してませんか?って、もしそうだとしたら、それを止めてください。

 

 

え~、何を言いたいんですか?っていうと、例えば子供が、野球でレギュラーから降とされて、まぁ、補欠になったとかいった時に、「おまえ残念だったな・・」とか、子供と一緒になって残念がらないでください。

 

子供は十分それで傷ついてんです。親にまでそれやられたら辛いんです。

 

 

親がやることはたった一個なの。

 

親として、おまえ気にすることないよ、おまえがレギュラーなんだろうが補欠だろうが、俺にとっちゃおまえはスターなんだから、俺はおまえが大好きだから、元気にいけよ!って。

 

親と子は違いますよ?子供が何かあって、「残念だなぁ・・」とかっていう人がいるけど、それやめてくださいって。子供を傷つけるだけです。

 

 

で、私がこういうこと教えると、あの、「私、言わなくなりました」っていうお母さんがいるんだけど、顔ががっかりした顔するんです。

 

成績がちょっと落ちりなんかすると、「んぁ。。。」ってがっかりした顔して、いいよぉ、私あんたのこと大好きだからって、もうダメですそれ。

 

顔が言ってます!顔でものすごく傷つけるんです。わかりますか?

 

親は子供に対して『無償の愛』なんです。

 

いい点をとったから誉めてあげるとかじゃないんです。

 

いい点とろうがとるまいが、世界でたった一人だけ・・。

 

周りはいい点とれば褒めます。オリンピックでも金メダルとれば褒めます。

 

 

だけど、我が子に対してだけはそれをやらないでください。我が子に対しては関係ないんです。ね?

 

世界でたった一人、何をしても信じてくれる、それが父親であり母親なんです。わかりますか?

 

え~、子供と同じ次元になって、「ぁ、がっかりした」とかってやんないでください。

 

それから言わなくなっても、顔が言ってたら余計傷つきます。

 

あなたも子供の頃、思い出してください。親の顔で傷つけられた人いっぱいいますよ?

 

 

え~、それからあの~、もう一つあの、子育てについてなんだけどね、口うるさい母親っているんです。

 

で、口うるさい母親っていうのは、自分がうるさいからこの子がいい子に育ったと思ってるけど、あなたが口うるさくなければ、この子はもっとよく育ってますよ。ね?

 

だから、え~、人間のね、あの、赤ちゃんっていうのは、妊娠してしばらくすると魂が入るんです。

 

で、一番修行になるとこへ生まれてくるんです。

 

だから、兄弟でも『魂』が違うんです。だから、性格がものすごい違うんです。全然違うんです。ね?

 

で、あなたが口うるさくても、いい子にしてる子はいい子なんです。

 

 

ところが、言うこと聞かない子とか、例えばどっかの不良の子見たりなんかして、口うるさいお母さん一言必ず言うんです、どんな育て方したのかしら。それおごりです。

 

あなたの、ね?育て方がよかったからこうで、親の育て方が悪かったからこうで・・とかって思ってるけど、不良になる子ができた場合、不良になるんです。

 

魂ってそういうものなんです。

 

だから、え~、うるさい親って少し静かにしてください。

 

で、口うるさいのやめてください。あの、さっきの話と同じです。

 

信じてください。信じてあげたら伸び伸びといい子に育つから。

 

 

私も講演会であっちこっち行くけれど、その時、親子で来てて、もぅ親の口うるささで、こうやってもうつぶれちゃってる子がいっぱいいるの。ね?

 

で、いい子というのは自分の言うことを聞く子がいい子だと思ってるの、、あなたの私有物じゃないよ?少し考えないとダメだよ?

 

 

え~、私の母の話なんだけど、え~、私の母は、私あの~、学校の成績やなんかも悪かったの。

 

でも、うちの母はね、いっつもこう言ってたの。

 

「おまえ学校向きじゃないから社会向きだよ。人間は神様が作ったものだからね。なんにも向かない人っていないんだよ」って。

 

「おまえくらい学校向かないんだから社会向きだよ」って。。

 

 

だから、母は私のことを本当に信じてくれてたの。

 

母もいろんなこと教えてくれたの。でも、ほとんど覚えてない。

 

細かく言われたお説教なんか、、まぁ、お説教なんか言うような人じゃなかったけど、余計覚えてないの。

 

 

だけど、いつも覚えてるのは、母が私を信じてくれてたことなの。

 

だから今ね、現在の私があるのは、母が私を信じてくれてたことなの。

 

お母さんたちは、信じてあげてください。

 

それだけで本当にいい子になるからね。。

 

え~、子育てについての悩み、これは以上です。

 

 

え~、次の質問に答えます。

 

あなたの子どもが、なぜあなたのとこに生まれてきたか知ってますか?

 

これ、教えてほしいってことです。

 

自分の子どもって、何で自分のとこへ生まれてきたんだ・・っていう魂的な話です。

 

え~、さっきの話と重複してしまうかわかんないんですけど、あの~、人ってね、親を選んでくるんです。

 

だからよく、え~、「勝手に生みやがって」っていうけど、正しくは「勝手に来やがって」なんです。

 

 

で、そこの一番自分が修行になるとこへ来るんです。

 

だから、皆さん達、自分の親は、昔はこういう何っていうのかな、立派な家に住んでてとかね、お高い運転手がいるような、そういう家だったらいいなぁ♪とか、いろんなこと思ったと思うんだけど、真剣に考えてください。

 

あの、「あなたに一番しっくり親って誰ですか?どなたですか?」っていうと、一番しっくりくるのは、酔っ払ってようが、少しくらい口うるさかろうが、あなたの本当はお母さんしかないんです。

 

で、あなたのお父さんしかしっくりこないんです。そこで修行するようになってるんです。

 

 

だから、あの、自分の親は自分で選んでくるんだ。

 

え~、「親が嫌いだ!」っていう人がいるんです。で、親が嫌いだっていう人は、親が嫌いなんじゃないんです、実は。

 

自分が不幸なんです。自分が不幸な人って、ずーっと親が嫌いなんです。

 

あとで、どうやって幸せになるかは教えます。

 

だから、そのことを頭の隅に覚えといてください。

 

人間って幸せになっちゃうと、「こうやって幸せなのは親が産んでくれたおかげだ」って、必ずなるんです。

 

ただ、不幸だと、逆現象で、「不幸の大もとは親なんだ」っていうふうになっちゃうんだけど、幸せになる方法は後で教えますから、聞いてください。

 

以上です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加