世界のお母さん【斎藤一人】

世界のお母さん【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

世界のお母さん。ここはあの、お母さんがいっぱい来てくれてますよね、今ね。

 

ただ、日本のお母さんが多いんです。日本のお母さんって何ですかっていうと、えー、心配する、謙遜する。ね?「ダメなのよ、うちの子は」。ね?

 

それから、えー、何でも心配してるのが親の務めだと思ってる。で、世界のお母さんって何ですかっていった時、うちもあの女性もだんだん経営者が出てきた時に、お母さん経営をするんです。

 

 

そのお母さん経営は全然悪くないんですよ。ただし、世界のお母さんにならなきゃいけない。世界のお母さんって何ですか?ったら、「大丈夫だよ、信じてるから」。心配するより信じることなの。

 

「あんたのこと信じてるよ!」この一言。心配だっていうことはどういうことか知ってますか?信じられないってことなんです。お母さん、あんたのこと心配で。あんたのこと信じられなくてって。同じことなんです。

 

親にも信じてもらえないような人間が、社会へ出て立派にやっていけるんだろうか。それよりも、「お母さん、あんたのこと信じてるから大丈夫だよ!」この一言が、どのぐらい子供にとって、えー、自立を促すと同時に、人間として扱われてるって気がはっきりするんです。

 

 

だから、日本人は日本記録は出してもどーも世界記録は出せない。世界に通用しないんです。それは、お母さんが「あんたのことが心配で。。」それから、どこ行っても「うちの子はダメなのよ」。ね?ダメなのよダメなのよって言われると、ダメなような気になっちゃうんですよ。

 

松くい虫っているでしょ?あれ松くい虫って言われてるうちに松しか食えなくなっちゃったんです(笑)これ嘘ですよ?(笑)でもね、松くい虫は影響されなくても、人間はいつも言われてるとね、影響されるんですよ。

 

だから、ダメだダメだで育てられるとダメな子になっちゃうんです。だからもうやめて、「信じてるよ!」って。会社でうちの女性の社長達も、「あんた信じてるからしっかりやんな?」っていうと、できるんです。一回二回うまくいかないだけなんです。

 

 

最初っからうまくいかないだけなんです。でも、人には等しく能力があるんです。

 

えー、この中で一輪車乗れる方はいない。。か、いるかわかりません。「一輪車乗れる人いるかな?いないね」。

 

ただ、練習すればおそらく全員乗れるんです。最初っから乗れないだけなんです。物事はそうなんです。