愛を知らない人は経験よりも失敗に目を向ける【斎藤一人】

愛を知らない人は経験よりも失敗に目を向ける【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

 

あのね、基本的にいうとね、人間の魂の成長とか人に接する方法というのは「愛」なんだよ。

 

ところが、愛というものを知らないで愛してるんだよ。わかるかな。本当の愛を知らないで愛してるんだよ。それで、この話難しい話だからね。

 

あの、つまんないかもわかんないんだけど、誰かを愛するって愛だよね。で、愛って何ですか?っていうと、人間っていうのは魂の成長に来てるんだよ。わかる?

 

 

で、俺にも神がいるんだよ。恵美子にも神がいるんだよ。これを内なる神っていうんだよ。だから同等なんだよ。だから経験しに来てんだよ。すと、親は親で、親の価値観と子供の価値観は違うんだよ。

 

そうすると、万引き認めてる親とかっていないよな。でも子供が万引きするとするよな。そうすると、万引きすると捕まるし、精神的にもよくないし、相手も被害を受けるし。。

 

おまえ、それでも本当にやりたいのかい?要はこの世の中っていうのは、自分で選択して結果の責任をとるっていう、だから、「お母さん、学校行きたくない」って本当に行きたくないのかい?

 

 

行かないのは構わないけど、就職できなかったり彼女もできないとか、すごい困難に遭うよ。それでも行きたくないんだね?って。だとしたらそれはあなたの選択だから、選択して責任取るんだよ。

 

この世の中には難しくいうと失敗がないんだよ。神的には失敗はないの、経験しただけなの。こういうことするとこうなるという経験をしただけなの。経験してやってみてダメだったら、また新しい決断をして経験をする。

 

これの繰り返しなの。で、親は自分の価値観でこれやったらダメに決まってるからって経験をさしたがらない。だから例えば、あの、昔あの、赤いスイカと黄色いスイカがあったの。

 

で、親は赤いスイカじゃないと、黄色いのはおいしくないからダメだよっていう。でも、子供は黄色いスイカが食いたいんだよ。親がダメだダメだって言ってても子供は食いたいんだよ。

 

一回食べてみりゃ気が済むんだよ。それを食わせないでずーっといて正しい!っつってるけど、正しいことを求めてるんじゃないんだよ。経験をしたいんだよ。ただ、経験の結果、責任を自分でとるということが、これが神的なんだよ。

 

で、余分なことをさせないことが神的ではないんだよ。失敗をさしたくないっていうのは人間的なんだよ。そうすると、だんだんだんだん爆発するか、急に暴れ出してどうしたのこの子っていうけど、ずーっとやりたいことを抑圧してたんだよ。

 

 

だから暴れ出すんだよ。だから、急にって、あなたが気が付かないうちにこの子がやりたいことを全部やめさしてたんだよ。わかる?その代わし、体験した結果、こういうことがたぶん起きるよって。気が付いたらやめなって言う。

 

体験しにきたから、だから、この人は悪いとこがいっぱいあるなら直せるものがいっぱいある。その人は、愛という名で支配しようとしてるの。それは、自分の方が上だと思ってるの。で、この子は劣る人間だと思ってるの。

 

でも、人間っていうのは互いに神の子だから平等なの。そういう生き物なの。だから、一人一人の中に神がいるから、こっちも神だけど向こうも神なの。この神は今なになにを学びたいの。経験したいの。

 

 

経験さしてあげればいいの。その結果、こういう結果に対しての責任を自分がとるんだよっていう、親はそれだけを教えればいいの。あなたのやった責任はあなたがとるんだよ!っつうのが神的なの。

 

で、どんな教育よりもそれが最高の教育なの。以上です。