0611木~0620土

苦労話や辛い問題も笑い話に変えたい(0620土)

 

一人さんは、楽しいことが大好きだし、常に面白いことをしていたい。

 

苦労話やつらい問題も、「笑い話」に変えたいんだ。

 

苦労話とつらい話は、聞きたくないんだ。

 

世の中の不幸なことは受けとらない。これも愛なんです。

 

一人さんの場合、悪い球が来たら、いい球に返してる。

 

つまり、悪い話は、いい話に変えちゃうの

 

思わず、笑っちゃうようないい話にね。

 

何より自分が楽しくいたいからね。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

大きいことも小さいこともそのままに見る(0619金)

 

そのままに見る

 

大きいことは大きいままに

 

小さいことは小さいままに

 

そのままの大きさで物事を見てごらん。

 

ちょっとしたことを大げさにとらえると、使わなくていいエネルギーを使って疲れちゃうよ。

 

逆に、大きいことを小さく見過ぎて、準備不足でうまくいかなくなることがある。

 

起こったことを、そのままのちょうどいい大きさで見るって大事なの。

 

そうすると、答えは自然と見えてくるもんだよ

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

今世で身につけたものは来世に持っていける(0618木)

 

今世で身につけたものは、

 

来世へ持っていける。

 

さいとうひとり

 

☆ひとりさんの教えを学んだ方のコメント↓

 

ずっと幼い頃から憧れて、習いたかったクラシックバレエ。

 

私は、この言葉に背中を押されて51歳から始めることにしました。

 

日々、脳、体力、筋肉の衰えを痛感しながら続けていられるのも、この言葉のおかげさまです!

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

父さんの詩(0617水)

 

―父さんの詩―

 

親父のありがたみは

 

死んでからじゃないと

 

わからないと聞いたけど

 

オレは出来が悪かったから

 

何十年かしてやっとわかった

 

父さん、ありがとう

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

「観音さまに生きうつし」の詩(0616火)

 

長い黒髪、きれいな目、心優しき人々に

 

いつも絶やさぬ微笑みは

 

観音菩薩に生きうつし

 

さいとうひとり

 

☆ひとりさんの教えを学んだ方のコメント↓

 

この詩をいただいてから、この詩とともに生きていこうと決意しました。

 

この詩とともに生きている今が、とっても幸せです。

 

「観音さまに生きうつし」

 

と言われるような人になれることが、

 

私の目標となっています。

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

自分の機嫌は自分でとる(0615月)

 

自分の機嫌は

 

自分でとる

 

さいとうひとり

 

☆ひとりさんの教えを学んだ方のコメント↓

 

自分の機嫌を取り始めたら、イライラが少なくなり、人に当たったり嫌味を言ったりしなくなりました。

 

一番驚いたのは、仲があまりよくなかった妹が別人のように変わったこと。

 

そのとき、これは私が変わったからだとすぐに気づきました。

 

これからも一人さんの教えを実行しようと思います。

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

そろそろ「まじめすぎる思考回路」を正そう(0614日)

 

令和だからさ、

 

そろそろ

 

「まじめすぎる思考回路」を正そうよ。

 

江戸時代に刷り込まれた教育のせいかな、

 

日本人は贅沢をしたり、遊んだりすることに、罪悪感を持ってしまう。

 

日本って、世界で2番目にアメリカにお金を貸している。

 

借りた方は、パーティーを開いてとっても楽しそうにしているのに、貸した方は上司の顔色を見ながら必死で働いている

 

このまじめな体質を変えていくしかない。

 

もう、江戸時代じゃないんだ。

 

楽しく生きる方に、方向転換しようよ。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

こだわらないことにこだわる(0613土)

 

こだわらないことにこだわる。

 

さいとうひとり

 

☆ひとりさんの教えを学んだ方のコメント↓

 

この言葉を知ったとき、我が家は相続争いの真っただ中。

 

主人と義姉との争いに終止符を打つのに、20年を要しました。

 

その間、不安や怒りがよぎりましたが、「こだわらないことにこだわる」を心に置き、他人に翻弄されずに耐えることができました。

 

主人が義姉の要求を全て受け入れ、ピリオドを打ちました。

 

一人さんの言葉を知らなければ、人を恨み、みにくい私と化したかもしれません。

 

でも、方向を転換して、私らしく楽しい道を見つけることができました。

 

感謝しています。

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

いつも苦労を表に出さない孔雀明王の修行(0612金)

 

いつも苦労を表に出さない孔雀明王の修行をしなさい。

 

さいとうひとり

 

☆ひとりさんの教えを学んだ方のコメント↓

 

40代のサラリーマンです。

 

パワハラという言葉が、世間で注目されるようになりましたが、私も会社で、上司から理不尽なことで怒鳴られたり、仕事で意地悪されたり、苦しい日々を10年近く送ってきました。

 

最近、一人さんのお話の中で、「苦しくても、毒蛇やサソリを食べても、平気な顔をして優雅でいる、孔雀のように振舞う孔雀明王の修行」の話に感銘を受けました。

 

自分には覚悟が足りなかったようです。

 

「自分に起きることは、100%自分の責任である」と考え、苦しいことは顔に出さず、笑顔で優雅に、孔雀明王の修行を積んでいこうと決めました。

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

今ここ。目の前のことを一生懸命にやる(0611木)

 

今、ここ。

 

目の前のことを

 

一生懸命にやる。

 

よく考えてごらん。

 

なんだかんだ言ったって、俺たちは「今、ここ」にしか生きられないんだよ。

 

だから、「今、目の前のことをやる」

 

「今、目の前の人に親切にする」ことが大事なんだ。

 

それに、今を変えれば、過去だって、未来だって、変えることができるんだよ。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)