0621日~0630火

旦那の愚痴を友だちに言っても解決しない(0630火)

 

旦那の愚痴を友だちに言っても解決しないんです。

 

旦那本人に、嫌なこと嫌だと伝えないと現状は変わらない。

 

旦那さんの嫌な部分を他人に愚痴ったところで、なんの解決にもならないよ。

 

聞いている方も楽しい話じゃないしね。

 

何より本人に直接、直してほしいところを言えばいいんです。

 

ただし、伝え方が大事。

 

相手がイヤな気分にならないよう、工夫することなんだ。

 

「靴下脱ぎっぱなし、もう嫌だ」じゃなくて、「靴下は洗濯機に入れてくれるとありがたいな」って、事実だけを伝える。

 

感情を入れないことです。

 

こんなふうに、うまく伝える技を身につけるのも修行のひとつなんです。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

どんなに大変なことがあっても明日には日が昇る(0629月)

 

―神の愛―

 

どんなに大変なことがあっても

 

明日には日が昇る

 

それが神の愛

 

大変だ、大変だと言って、物事をもっと大変にしていないかい?

 

神さまは、どんなときも私たちに愛を与えてくれています。

 

それを見習って、少し愛のある考え方をしてみようよ

 

明るい話し方、優しい言葉、みんな神さまから分けてもらった愛ですよ。

 

自分を大切にする。

 

それだけで、人生うまくいくからね。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

人は何度も生まれ階段を上がる(0628日)

 

私は前進します。

 

みんなが待っているところまで。

 

一言で言えば魂の生き方を、この言葉に集約しているところが好きです。

 

人は何度も生まれ、やり残した修行を一つ一つ、自分のものにして階段を上がるのだと思います。

 

その中で、たまには足踏みしたり、下ることもあるのでしょう。

 

365歩のマーチや孫悟空の旅のように。

 

そして、そこには、自分が待ち続けている何かがあるのです

 

それが魂にとって一番楽しく、面白く、ワクワクするものだから。

 

私は前進します。みんなが待っているから。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

立派なことばかり言うと周りは苦しむよ(0627土)

 

立派なことばかり言うと、周りは苦しむよ。

 

相手に相談されたら、その人のできることを教えてあげる。

 

「オレなら、こうやるよ」って立派そうに、自分のことを話しちゃいけないよ。

 

だって、相手はあなたじゃないんだから。

 

立派なことって、人に重しをかけちゃうんだ

 

だから、その人が今できる、簡単なことを教えてあげるんです。

 

心を軽くしてあげることが大切なんです。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

「気にしないようにする努力」をやめてごらん(0626金)

 

「私は小さなことを気にしてばかり」って思っている人は、

 

「気にしないようにする努力」をやめてごらん。

 

嫌な出来事を気にしないようにしようと思っても、気になっちゃうもんなんだ。

 

だって、それはその人にとって、大きな問題なんだから。

 

気にしちゃいけない」って思いから、そろそろ肩の荷を下ろそうよ。

 

そんな自分をゆるそうよ。

 

 

さいとうひとり

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

嫌いではないけどなぜか好きになれない人(0625木)

 

嫌な人が来たり、嫌な空気を感じたら、その場から離れるんだよ。

 

これは、魂のサインだから、逃げるが勝ちなんだ。

 

嫌いなわけではないのに、なぜか好きになれない人、会った瞬間に嫌な感じがする人っているものです。

 

そういう人は、前世からの因縁があるの。

 

こういう人が出てきたら、その場からそっと離れることだよ。

 

魂が「この人に近づいちゃダメ」「この場にいちゃいけない」って、教えてくれているんです。

 

嫌な相手と無理に仲よくしても、トラブルになるだけ。

 

あなたが悪いワケじゃないよ

 

早く逃げていいんです。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

迷ったら楽しい方へ楽しい方へ(0624水)

 

迷ったら

 

楽しい方へ楽しい方へ。

 

さいとうひとり

 

結婚が決まり、仕事を続けるか辞めるか、迷ったときに出会った言葉です。

 

選んだのは辞めること。辞めると選びながら、「よかったのかな…」と、退職を決めたことに、スッキリとしない日々が続きました。

 

でも、退職し心が落ち着いたからか、子宝に恵まれました。

 

働いていたときより、心が穏やかで幸せな日々を過ごせています。

 

楽しい方を選んだのは、自分によかったと思うとともに、一人さんからの言葉に出会えたことが幸せです

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

怒りの感情ではなく、愛情のある言葉をかける(0623火)

 

お説教より、アドバイス。

 

怒りの感情ではなく、愛情のある言葉をかけてあげることだよ。

 

上司は部下に感情にまかせて、ダメ出ししたり、お説教してはいけないよ。

 

さらに、「何やってんだ」とか、「だからダメなんだ」とか、枕詞をつけてはいけない。

 

部下の間違いを見つけたら、すぐに注意せずに、「いい話があるから」と言って、後で呼び出すの。

 

アドバイスをするんだから、いい話に持っていくよう、伝え方を考えるんです。

 

怒りの感情ではなく、愛のある言葉をかけてあげるんです

 

素敵な上司になれるだろ?これは、親が子どもにアドバイスするときも同じだよ。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

女のズルさをわかってあげるのが男の度量(0622月)

 

女のズルさをわかってあげるのが男の度量。

 

女はズルくて、計算高い、だけどさ、そこが可愛いんだよ。

 

女性って、ホント特殊な生き物なの。

 

結婚するとね、「あなたがいなくちゃ生きていけないわ」とか言っておきながら、次の日には旦那を生命保険に入れてる(笑)。

 

もう、生きる気満々なんだよね。そこがズルくて可愛いんです。

 

それから、男は女に色情が向くけど、女は向かないの。

 

女の色情は、ものに向かうんだ。宝石とか、服とか、靴とかね。

 

しまいには、デパートごと欲しいと言い出すくらい

 

そういうことがわかると、女性とつき合いやすくなるからね。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

心の広い人とは自分も他人もゆるせる人(0621日)

 

心の広い人とは、

 

自分も他人もゆるせる人。

 

「あの人は心が狭い」とか、「あの人は心の広い人だ」って言うけれど、心の広さは、自分の「思い」の広さによるものなんです。

 

本来は、誰もが広い心を持っているのに、自分の心の一部しか見えていないんだよね

 

心を緩めるとね、いろんなことが見えてきます。

 

すると、自分のこともゆるせて、他人のこともゆるせるようになる。

 

それだけで、心は広がるんです。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)