0811火~0820木

素直に生きていると幸せに向かう(0820木)

 

―舵をとる―

 

不幸な人は不幸なことを考える

 

楽しい人は楽しいことを考える

 

心の舵をしっかり握って幸せな方に舵をとろう

 

人生って、いろんなことがある。

 

だけど、自分の気持ちに素直に生きていると、幸せに向かうようにできているんだよね。

 

潮の流れが変わるように、どんな流れが来ても、自分の舵を握っていたら、目的地に着くんです。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

人間関係がもめるときは家の中が汚い(0819水)

 

人間関係がもめるときは 必ず家がゴチャゴチャなんだよ。

 

必要のないもの、使わないものから、悪い波動が出ているんです。

 

家の中がもめる、人間関係が悪くなる、いろんな嫌な出来事が起きる。

 

こういうときは、家の中を確認してみてください。

 

家に帰るのが嫌だと思うほど、ゴチャゴチャした部屋だから。

 

いらないものは、一刻も早く捨てることだよ。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

嫌な記憶は大好きなものに入れ替える(0818火)

 

嫌な記憶は、大好きなものに入れ換えちゃえばいい。

 

過去は好きに書き換えることができるんです。

 

例えば、一人さんはトンネルを見ると具合が悪くなっちゃう。

 

たぶん、前世かその前に、生き埋めになって、そこに岩が落ちてきたことがあるんだよ。

 

だから、今でも暗く閉鎖的なところが苦手なの。

 

この嫌な記憶を、面白く変えてみたんだ。

 

岩じゃなくて、Tバックの美女たちが下りてきて、一人さんは美女に囲まれちゃうの。

 

そんな妄想をしてたら、トンネルも狭い場所も怖くなくなった

 

妄想って、スゴい力を持っているんだよね。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

一人さんの本を読んでるだけじゃ変わらない(0817月)

 

一人さんの本を読んで納得するんじゃないよ。

 

やって、実証することだよ。

 

ここに書いてあることを、毎日読んで「うんうん」ってうなずいているだけじゃ何も変わらないよ。

 

実際、行動に移すことなの。ひとつでいい。

 

ひとつできたら、もうひとつ増やすの。

 

ひとつ増えたら、ひとつ減ることもある。

 

それでも、やっていくことなんだよ

 

幸せになれるか、試してごらん。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

生きてるだけで幸せ(0816日)

 

生きてるだけで

 

幸せって思えるときが

 

一番幸せ。

 

さいとうひとり

 

 

☆ひとりさんの教えを学んだ方のコメント↓

 

朝一番、「起きた」だけでなく、「生きてた」と思うだけで嬉しくて、今日1日ワクワク元気に過ごせます。

 

この言葉は深いです。私も幸せになります!

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

終戦記念日に贈る言葉(0815土)

 

恐れは恐れを生み

 

不幸は不幸を生む。

 

自分の心の中だけでも

 

幸せにしよう。

 

笑顔が幸せを呼んでくる。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

待つことすら楽しい、あなたに会えるなら(0814金)

 

まつことすらたのしい

 

あなたに会えるなら

 

まつゆき草の花

 

誰かにプレゼントしようと思って、まだ誰にもあげていない詩です。

 

どんなステキな人に差し上げようか、それを考えるのも「まつことすらたのしい。あなたに会えるなら」です。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

因果なんて関係ないんだよ(0813木)

 

因果ってありがたいの。

 

「思い」をいい方向へ持っていくと、悪いことって逃げていくんだよ。

 

「因果って嫌なものだ」と思っていると、すごく嫌なことが起こるんだ。

 

ところが、「因果って、お線香の光ぐらいで、それに比べたら『楽しい』とか『ワクワク』の光は太陽ぐらい強い明るさなんだ」。

 

そう思うと、もう因果になんか負けてないんだよ。

 

人間、「何を思うか」が大事。否定的な考えより、「楽しい」とか「ワクワク」の考え方が上なんです

 

因果なんて関係ないって思うと、イヤなことは逃げてくんだよ。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

一歩、足を出してみないとわからない(0812水)

 

「幸せの道」「成功の道」というのは、自分が一歩、足を出してみないとわからない。

 

「幸せの道」とか「成功の道」を多くの人が探している。

 

だけど、この「幸せの道」「成功の道」って「たったひとつの道」ではないんだよ。

 

こっちへ行った方がいいよと、導くことなんてできない。

 

なぜなら、あなたの「幸せの道」は、あなたしか歩けないから。

 

自分が願ったとき、その道は現れるから、恐れずに一歩踏み出すんだ。

 

ダメなら、改良してやり直せばいいだけ。

 

一歩足を出して、はじめてそれが正しいかどうか、わかるんだよ。

 

さいとうひとり

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)

病気になったとしても悩むことはない(0811火)

 

病気ってね、何かが悪くてなるものじゃないんだよ。

 

神さまに近づくために、病気になるの。

 

病気になったとしても、悩むことはないんだよ。

 

さいとうひとり

 

 

☆ひとりさんの教えを学んだ方のコメント↓

 

私はいろいろな病気を経験してきました。

 

一人さんの言葉の中でも、この言葉は衝撃的でした。

 

今までも自分のことをゆるせるようになってきたけど、もっと、ゆるし、愛せるようになりました。

 

無理しちゃうくらい仕事が好きな自分も、無理しちゃうくらい遊ぶことが好きな自分も、手術で体が傷ついてしまった自分も、薬で太っちゃう自分も。

 

今までの自分はこれでよかったし、これからの自分も大丈夫。

 

そう、思える言葉です。

 

 

(上記は「斎藤一人公式ブログ」を参考に要約したもの)