売上げが倍になる「753の原理」を使った魔法【斎藤一人】

売上げが倍になる「753の原理」を使った魔法【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの音声(文字起こし)

 

はい、おはようございます。え~とですね、今日は珍しくですね、仕事の話です。

 

皆さんの売上が、何ヶ月後かには倍になっちゃうよ!っていう話をします。

 

え~、5ヶ月後か6ヶ月後かわからないんだけど、早い人は3ヶ月後に売上げが倍になってるよ♪っていう話です。

 

どんな話ですか?っていうと「753の魔法」っていうんですけど。

 

七五三ってありますよね?三つと五つと七つのお祝いっていうことなんですけど、これ753って非常にね、不思議な力があるんです。

 

 

昔、階段でね、7段目に踊り場があって、5段目に踊り場があって、3段にして、7,5,3,7,5,3って階段作ってくとね、非常に疲れないんだよね。

 

で、753て非常に不思議なチカラがあるんだけど、階段でもそうなんだけど、商売でもそういうことがあるの。

 

で、どういうことですか?って言うと、みなさんも自分で考えてみれば分かるんだけど、

 

全然なんにも無いところに行って、どっかでご飯食べようってなったとき、そこのお店が美味しいかどうかとか、全く何も分からないから評価がないんですよ。

 

で、商売屋さんていうのは、お客さんが来てくれた時は、相手はまったく自分のとこは評価してないで疑ってるのと同じだよ?っていう風に考えてもらいたいんです。

 

 

ところが、その人がなぜか3回来たらもう常連なんです。

 

5回来たらもう、本当にこう、長いお付き合いなんです。

 

その人が7回も来たら、一生どころかその子供まで連れて来ちゃうようなお店になっちゃうよ!っていうことだから、まずこれは3回はクリアしないといけないよっていう話なのね。

 

で、これは覚えとくといいんだけど、例えば、今、はなゑさんのところが眉毛カットをやるとしますよね?眉毛カットやってあげるよってカットしてあげる。ね?

 

そのカットした時に、すっぴんの美容液かなんか塗ってあげて、「ほらコレだけ顔って違っちゃうでしょ?」とかって。その時に、すぐに売ろうとするからいけないの。

 

両方塗ってあげたとした時に、必ず「あと1週間経ったら来てね、なぜかって言うと毛が生えてきちゃうのよ。その時にもう一回やらないとダメだからね。」って言うと、2回はくるんだよね。

 

 

で、その時に2回両方やっといて、きれいにやってあげて、その時にはじめて今度は写真撮って、「これプリントしとくから明日か明後日取りに来て」とか言うとするよね?

 

そうすると、「この写真さえあればいつも自分でできるからね」って。で、その時に化粧品やなんか塗ってあげて、どうぞ!って言って返してあげれば、その写真取りに来た時には3回目なんだよね。

 

だから人間っていうのは、自分にとってプラスになることで「あぁ優しい人だな^^」と思ってくれて、3回くれば常連客になっちゃうの。

 

 

例えば、「ウチは化粧品で素晴らしいのがあるけど、みんながなかなか買ってくれない」

 

「みんなが、ダイエット食品は買っても化粧品はなかなか買わないの」

 

っていうのは、よそへ3回以上行ってる所があるからなの。

 

「753の定理」が向こうで始まっちゃってるの。

 

その753の定理を狂わして…狂わせるっていうのじゃなくて、素晴らしい物なんだから、ね?

 

化粧品は向こうで買うようになってるの。でも、眉毛カットやってあげるね♪って眉毛カットやって、片っぽだけ化粧品つけて、

 

「ホラ、こんなに違うでしょ?コッチも塗るからね。あと1週間経ったら毛が生えてくるから、その時に素人がいじっちゃダメだよ?その時私がちゃんとまたやってあげるからね。」ってやってあげて、1週間後来たとする。

 

そしたら、その時写真撮る。で、プリンターがあるからって今すぐプリントするんじゃないの。そしたら2回しか来ないでしょ?だから、3回来る状態を作ってあげればいいだけなんだよね。

 

 

その3回ができる人は、実は5回も出来るの。自然に仲良くなって、もともとウチの人たちって、すごくいい人たちだし優しいし精神的なこともあるのね。

 

ただ、753の原理がよそで働いちゃってるの。化粧品やなんかで。それを自分のところで働かせない限り、無理だよ?753の不思議な原理がむこうで動いてるか、コチラが動かすかなの。

 

だからそのことを、これで3回は来ますね、とか。これで5回は来るね、とかっていうものを作らなきゃいけない。

 

3回目になって、自分たちが作ったヤツ、スープとか出すとするじゃない?すると、相手が美味しいねって言ったら、「あ、じゃあ今度くるときまでに、レシピ書いといてあげるよ」って言えばもう1回くるんだよね。

 

それとも逆に言うと、「もう毎日作ってるんだけど、なんかいいアイディアない?」とか言って、

 

「あ、今度これとこれやったら美味しいわよ」って相手が教えてくれたら、

 

「あ、そうなんだ。じゃあいついつにやるから、味が正しいかどうか味見に来て」とか、「良かったら最初に味付けだけちょっと教えて」とか言うと来てくれたりするんだよね。

 

 

商売のうまい人っていうのは、気持よく来てもらうことに重きをおくんだよね。

 

売ろうとしなくても物が自然と売れてっちゃう人。

 

売ろう売ろうってして、売れない人、つまり753の定理がよそで働いてるのに向こうがかかってる753の魔法を解こうとしない人がいるんだよね。だから苦労するんだよ?

 

だけど、今度、それが街中で「あそこ評判いいよ!!」ってなれば、どっか地方行った時だって有名な店でお蕎麦屋さんで、美味しいよとか人から聞いてれば、全く相手は評価しないで入るわけじゃないんだよね。

 

だから自然に、その評価が作れるようにならなきゃいけないよって。

 

 

753の魔法っていうのを、ちゃんと自分が利用出来るようになれば、今のお客さんは間違いなく倍になるの。

 

それからその事ができるようになったら、初めて今度、相手のお客さんにも、その人にしつこくまったく売ってなかったら、

 

「今大会があってね、1ヶ月でなんとか50人とかやらなきゃいけないの。みんな協力してくれてるから、3人だけでいいから、誰かカットする人だけ連れて来て欲しいの。」

 

「あたし押し売りもなんにもしないし、なんにも買わなくていいの。全く買わなくても構わないからね」って言ったら連れて来てくれるの。そしたら、同じことをすればいいの。

 

1ヶ月100万円売れる人と10万円売れる人って言ったら、同じものを売ってるんだよ?同じものを売ってて10倍とか20倍とか30倍とか差がつくんだとしたら、商品のせいじゃないんだよ。

 

だって商品は同じもの売ってんだから。それでそれだけ違いが出たとしたら、この753という魔法をあなたが使い切ってないの。うまくいってる所はちゃんとそれをやってるだけなの。

 

 

あなたがいくら勧めても、もっと良くない物を使ってるのに、お値段もウチのが安いのに変えようとしないんだとしたら、相手の魔法にかかってるの。

 

早く解いてあげないと、なんていうの?ディズニーランドに出てくるお姫様じゃないけどね、ずっと魔法で眠り続けちゃうの。

 

だから、正しい「753の魔法」っていうのができるようになると、売上げって面白いように上がっていくから。

 

これは1つの定理みたいなものだから、これを無視して商売してると大変だと思いますよ。

 

何回も聞いてください。100回聞くつもりで聞いてくれるとすごくこれ楽しいと思います。

 

ありがとうございます。

<スポンサーリンク>
 このエントリーをはてなブックマークに追加  

タイトル一覧

日本の明るい未来はあなた自身の自分軸にかかっている!【斎藤一人】
斎藤一人さんが暇な喫茶店の経営者に伝授した成功法則
知恵を出し惜しみなくシェアする人が活躍する時代【斎藤一人】
不景気で家計に苦しんでいる人に気づいてほしいこと【斎藤一人】
仕事を遊びにできる人が活躍できる時代なんです【斎藤一人】
魂の第3段階|楽しい道を選んだ人だけが成功する【斎藤一人】
競争せず上昇気流に乗る渡り鳥経営を初公開【斎藤一人】
仕事は人様の役に立つと儲かるようになっている【斎藤一人】
『夜明けの時代』21世紀は1,000年周期で波動が変わる【斎藤一人】
成功者は「他力本願」の本当の意味を知っている【斎藤一人】
「聞く耳」を持たない器量が小さい人の改善点【斎藤一人】
面倒なことでもやると決めたら楽しくやる【斎藤一人】
「大人の目」を持った誠実な人の特徴とは【斎藤一人】
「大声」の音波を使ってダメの壁を崩す方法【斎藤一人】
過去に思い描いた姿が今のあなたです【斎藤一人】
いつも結果ばかり気にするあなたには愛がない【斎藤一人】
「無」の使い方を知れば絶対に成功できるよ!!【斎藤一人】
今までの仕事のやり方が通用しなくなる時代【斎藤一人】
遊び心がある時にあなたは本気になれる【斎藤一人】
一つ上の努力を実らせることに一点集中【斎藤一人】
「恥」をかきながら覚えたことは一生忘れない【斎藤一人】
得るより先に「与える」ことで幸運が巡る【斎藤一人】
言霊の力で人生が変わった不思議な話☆【斎藤一人】
観光旅行のごとくあなたの「光」を観てもらう方法【斎藤一人】
あなたの欠点をメリットに転換させる3つの要素【斎藤一人】
考え方が魅力的な人しか成功しない時代【斎藤一人】
『指導霊の存在』あなたの本気度で決まる【斎藤一人】
成功を信じている人は失敗で行動を止めない【斎藤一人】
人に褒められるより褒めることに価値がある【斎藤一人】
あなたに備わった得意ジャンルを極めなさい【斎藤一人】
職場に機嫌が悪い人がいる【斎藤一人】
理想の就職先とは?【斎藤一人】
自分を改良する努力【斎藤一人】
1万円の苦労【斎藤一人】