成功者は「他力本願」の本当の意味を知っている【斎藤一人】

成功者は「他力本願」の本当の意味を知っている【斎藤一人】

 

斎藤一人さんの音声(文字起こし)

 

おはようございます。今日は今ちょっと良いビデオ見させてもらって、非常に勉強になったんですけど、これからの時代は、人の役に立たないとダメだよ。

 

うちの化粧品が良いもの作ったって言うのは、物がない時にいいもの作ったから売れるんで、その化粧品でどのくらいお客さんを喜ばせてんのかって言った時、喜ばせてないよねっていう。

 

人様を喜ばせるっていう事なんだけど、今日はちょっと難しい話をしますから、理解できなくて構わないです。半分理解すればいいかなってことです。「他力本願」って話します。

 

この前この話したとき、人が他力本願って話ししたら、どうも話がピンとこなくて、後で聞いたら、他力本願て言うの勘違いしてて、他力本願っていうのは、「自分は何もしないで人が人にやってもらう」っていうのが、他力本願って思ってる人がいるらしいんだけど、それは全く違うんです。

 

「他力本願」っていうのは仏教の言葉で、死んだ時、天国に行けるような生きてるうちに一生懸命努力する、努力して努力して天国に行けるような状態で死んでいこう!っていうのは自力本願って言う。

 

他力本願っていうのは、誰でも死ぬ時に南無阿弥陀仏を唱えれば、光の玉とかご先祖様とか迎えに来てくれる成仏できるんだっていう、仏教の話であって、今現在の話をしてるんではないんだよね

 

それで他力という、他から、要するに神の力だな、自分以外の神の力が、自分に携わった時にすごいことが出来るよって。例えば、彫刻家でもそうだよね、うちのあの観音様掘ってくれた人でも何でも、やっぱり良いもの掘ろうっていうのは、最初は掘ろうとする、掘ろうとするのは自力なんだよね。

 

ところが、ある日ずっとそういうの掘ってると、石の中に観音様がもう見えるようになってきて、観音の力を借りて傷つけないように掘り出そうという、要するに、観音があるんだ、観音は俺が掘るんじゃないんだ。観音様を傷つけないようにしよう。

 

だからそこに、自力ではない「他力」というものが出てくるんだよ。

 

この前もちょっとやってたんだけど、棟方志功さんって言う人が一生懸命自分で売ろうと思って、早く有名になりたい、早く頑張りたいっていってた時は、どうしても駄目だったの。それがある日そんなことを忘れて、無心に絵を書き、無心に掘った時に、他力というものが出たのね。

 

他力とは何ですか?」って言った時に、自分のために、例えば自分の名前が売りたい、自分が何かしたいて言って、一生懸命やるのは自分のことは自力で頑張ってるんだから、自力以外の何ものも出ないんだよね。

 

ところが、どうしたらお客さんが喜ぶだろう?どうしたらこの地域が喜ぶだろう?例えば、このお店出すのに1番お客が来そうな所、お客の通りそうな所、一番いい所っていうのをやってくの。

 

それはリサーチ何だよ。ところが、自分がここ街が廃れて、この故郷を何とかしたい、そのために一生懸命やるっていうのは、人のために一生懸命やるんだよ。

 

人のために一生懸命、一生懸命やると、ある日「他力」というやつがつくんだよ。

 

その他力ができた時、芸術品でも、神が作ったものだから光り輝くんだよ。だからどんなうまい奴が作ったやつでも、売れないやらオーラが出てない。商売でもそうなんだよ、俺も仕事やってて何百万でパッとうって考えついてものやるってのは、他力なんだよね。その他力っての知らないと、何もしなくて出るもんじゃないの。

 

日頃からずっと、どうしたら人が幸せになれるんだろうとか、人のこと一生懸命一生懸命考えていると、ある日ぽっと力が出る

 

これは神の話とか、あの世の話ししてるんだよ。じゃあ、この世の話するよ。この世の話をしたとき、俺は人の世話になってないとか、感謝が足りない奴とか、我の強い奴、大体出世しない奴は我が強い、感謝知らないんだって。

 

感謝知らない奴は、俺は自分で頑張ってきたって言うけど、そうじゃないんだ、俺は昨日千葉の方へドライブ行ったけど、乗っかってた車は俺が作ったんですか?って言ったら、あれは車屋さんが作ったんだよ。

 

石油で走ってるから石油は俺が掘ってきたんじゃないんだよ、道路だって人が作ったんだよ、自分がやった事ってどのくらいあるんですか?って。

 

ご飯を食べたって、俺、米作ったことないんだよ。魚も無いんだよ、獲ったこと。それが魚食べてっていった時、どのくらい人様の世話になって生きてるかが分からないから、感謝が足りないんだよって。

 

僕は独学で頑張って東大入りましたって言うけど、そうじゃないって。東大を作ってくれた奴がいるから入れたんだよ。その試験用紙だって、大概のものはみんな人の世話になってて、本当に自分のやった事ってどれくらいですか?って言ったらもう、本当に生きてる中の何ぶんの一だよ。

 

今だって人様のお世話になって他力で生きてる部分がいっぱいあるんだよ。俺たちも他の人の役に立つこと考えないといけないんだよ。

 

一生懸命そのこと考えた時、神の啓示みたく良いアイディアがポンと出る。

 

真剣に考えるの。世のためとか、人のためとか、故郷のためとか、日本のためとか、一生懸命考えると、ぱっとひらめきが出てくるの。これを他力と言うの。他力っていうのを知らない奴は自力、自力って、自力だって言うけど、自力のものなんか何パーセント何だよ。生きてて何パーセントですか?って。

 

昔、変な宗教争いみたいなのがあってね。他力本願だとか自力本願だとか、あいつは何もしようとしないとかって、そんなことじゃないの。他力ってものすごい奥が深い話なの。もう親鸞聖人が言い出してから、とんでもなくあんな大天才が人の世話になれば良いんだなんて言う訳がないんだから。

 

少しもっと深さを考えなきゃだめだよ。俺も一生懸命やってるけど、一生懸命やってる中で、自分一人じゃできないことはみんなが協力して会社ができる。

 

その他に、ご先祖様が味方してくれてるから、守護霊か神様かわかんないけど、ポンと時々ひらめきも出てくるんだ。

 

ひらめかない人間、感謝も足りない人間、人はね、自分が今日やったことって、ものすごく少ないよ。俺、今日、今テープ録ってるけど、このテープだって俺が作ったんじゃないよ。マイクだって作ってないよ。

 

今、電気ついてるけど、電気ですら俺が作ったもんじゃないんだよ。これ、山の中、電気作ってる人いるんだよ。だから、とんでもない人の中のお世話になりながらやってて、その中で一人さんは何のために生まれたんだろ?それから、まるかんやってるのは、自分はなぜまるかんをやってるんだろう?

 

何故、自分はこの町に生まれたんだろう?なぜ、ここなんだろう?なぜ?ここに生まれたからには、周りにいっぱい人がいる中で、困ってる人がいて、例えば化粧品とか、心が苦しんでる人がテープ聞くとか、出来る事ってあるんだよね。

 

その出来ることを一生懸命やらなくちゃいけないんだって言うことだと思うのね。他力が寄ってくる人は、他力に気が付いてる人なんだよ。他から助けてもらえない。

 

ご先祖様からも、神様からも、他人からも助けてもらえない人間は、自力でやってると思ってるんだよ。

 

だから、感謝が足りないから助けが出ないんだよ。そんな感謝が足りない奴に助けが出るわけがないんだよ。この世は神もいなきゃ、ご先祖もいないと思ってる奴に、パワーなんか出るわけがないんだよっていうことね。

 

だから他力という、生きててもみんなの役に立ってんだ、みんなが俺たちのために頑張ってくれてるんだ。今はビルの6階にいるけど、これだって一生懸命作ってくれた人がいるから居られるんだよ。

 

そのことひとつずつ考えた時に、今日起きた100のうち、本当に自分がやったことなんて言うのは1か2なんだよ。

 

だからそのことに気がついた時、初めて人に感謝しなきゃダメだよとか、感謝が心から出る、心から出た時、また他力がいっぱい寄ってくる。だから他力が寄るためには、自力で頑張らなきゃ、他力ってこないもんだよ。

 

ただ味方したくなっちゃうくらいの頑張りが必要ですよっていうことなのね。

 

以上です 。

<スポンサーリンク>
 このエントリーをはてなブックマークに追加  

タイトル一覧

斎藤一人さんが暇な喫茶店の経営者に伝授した成功法則
知恵を出し惜しみなくシェアする人が活躍する時代【斎藤一人】
不景気で家計に苦しんでいる人に気づいてほしいこと【斎藤一人】
遊びで花が咲きます!仕事だから真剣にやらないんです【斎藤一人】
魂の第3段階|楽しい道を選んだ人だけが成功する【斎藤一人】
競争せず上昇気流に乗る渡り鳥経営を初公開【斎藤一人】
仕事は人様の役に立つと儲かるようになっている【斎藤一人】
『夜明けの時代』21世紀は1,000年周期で波動が変わる【斎藤一人】
「聞く耳」を持たない器量が小さい人の改善点【斎藤一人】
面倒なことでもやると決めたら楽しくやる【斎藤一人】
「大人の目」を持った誠実な人の特徴とは【斎藤一人】
「大声」の音波を使ってダメの壁を崩す方法【斎藤一人】
過去に思い描いた姿が今のあなたです【斎藤一人】
売上げが倍になる「753の原理」を使った魔法【斎藤一人】
いつも結果ばかり気にするあなたには愛がない【斎藤一人】
「無」の使い方を知れば絶対に成功できるよ!!【斎藤一人】
今までの仕事のやり方が通用しなくなる時代【斎藤一人】
遊び心がある時にあなたは本気になれる【斎藤一人】
一つ上の努力を実らせることに一点集中【斎藤一人】
「恥」をかきながら覚えたことは一生忘れない【斎藤一人】
得るより先に「与える」ことで幸運が巡る【斎藤一人】
言霊の力で人生が変わった不思議な話☆【斎藤一人】
観光旅行のごとくあなたの「光」を観てもらう方法【斎藤一人】
あなたの欠点をメリットに変える3要素【斎藤一人】
考え方が魅力的な人しか成功しない時代【斎藤一人】
『指導霊の存在』あなたの本気度で決まる【斎藤一人】
成功を信じている人は失敗で行動を止めない【斎藤一人】
人に褒められるより褒めることに価値がある【斎藤一人】
あなたに備わった得意ジャンルを極めなさい【斎藤一人】
職場に機嫌が悪い人がいる【斎藤一人】
理想の就職先とは?【斎藤一人】
自分を改良する努力【斎藤一人】
1万円の苦労【斎藤一人】