『指導霊の存在』あなたの本気度で決まる【斎藤一人】

『指導霊の存在』あなたの本気度で決まる【斎藤一人】

 

 

 

斎藤一人さんの動画まとめ(文字起こし)

 

今日はあの、日本漢方の方も随分来てるんで、あの、一番リクエストが多かったプロの話してほしい。この、プロの話っていうのが、これを聞いて頂くとよくわかると思うんですけれど、あの、人生って、プロにならないと辛いんです。

 

わかりますか?プロにならないと辛いんです。で、私は商人なんです。商人って何ですか?っていうと、金儲けのプロなんです。プロだから、今不況だから儲からないとか、そういうこと言っちゃダメなんです。

 

私たちは金儲けのプロです。いや、違う人いたらごめんね。私たちの話。商人としての話してますからね。商人は、いつもお金儲けを考えなきゃいけない。いけないんです。

 

 

なぜかっていうと、相撲取りは明日の試合に勝つことに全力をあげるんです。わかります?ずーっと考えてて、あいつをどうやって投げてやろうかって考えるんですよ。相撲取りはね。

 

相撲取りじゃないのに、あいつをどうやって投げてやろうかって考えてる奴はおかしいですよこれ。危ない人ですからね。でも、相撲取りで考えないのはもっとおかしい。え~、で、坊さんっていうのは「欲を捨てなさい」。ね?

 

あれ、仕事ですから。坊さんのくせにのべつ金儲けを考えてる奴も危ないんです。で、屋根屋はしっかり屋根瓦を張ることを考えなきゃダメ。基礎屋はしっかり基礎を作ることを考えなきゃいけない。で、商人はしっかり金儲けをしなきゃいけないんです。

 

 

なぜかっていうと、私たちは社会の心臓なんです。この心臓がドックンドックンドックンと動くから血液が流れるんです。その心臓が弱ってきちゃうと血液が余分に流れないんですよ。

 

だから今日本が苦しいのは、血が流れてないんです。なぜ、流れなくなっちゃったかっていうと、商人が金儲けを一生懸命しないからなんです。あたかも、金儲けをすることが悪いように思ってるんです。

 

でもお金儲けをすると、社員につつがなく、儲かってる会社で社員に給料やんない会社とか、私は見たことないんです。ね?で、儲かってりゃ社員に給料って払うんです。儲かってる会社のリストラとかあんまりないんですよ。わかりますよね?

 

 

それから、支払先に払わないこともないんです。商売っていうのは、一生懸命やると、生業(せいぎょう)が生きられるんです。ところが、生業を忘れてあたかもボランティアをやることの方が正しいように思っちゃう人がいるんです。

 

ところが、ボランティアというのは生業があるからできるんです。もし、生業が無くなると、その人はかかる方になっちゃうんです。わかります?立場が変わっちゃうんですよ。

 

そのボランティアを支えてるのは事業家なんです。それで、余ると、税金に払うんです。この税金が福祉を支えてるんです。だから、事業家というのは、生業を支え、ボランティアを支えるんです。

 

 

それから、福祉を支えてるんです。そのことに、しっかり自負して、しっかり儲けなきゃダメなんです。

 

戦争が終わったら何やったら儲かるか、戦争が始まったら何したら儲かるか、不景気の時は何したら儲かるか、景気の良い時は何したら儲かるか、ずーっと考えてなきゃいけないんです。

 

これがプロなんです。プロっていうのは全てが違うんです。まず、笑顔が違う。プロの笑顔とプロじゃない笑顔っていうのがあるんです。、プロの笑顔だと、プロっていうのはお金になる笑顔なんです。

 

あの人の笑顔いいわね。またあの笑顔に会いたくなっちゃうぐらいの笑顔じゃなきゃ、プロじゃないんです。プロは顔が違うんです。シャッターが閉まってる。何で開けないの?壊れてるから。

 

 

じゃ、何か書きな?「シャッター壊れてます」。プロじゃないんです。プロは、「シャッターが壊れてるけど、中で元気でやってます!」。ね?「笑顔で待ってます!」とかいろいろ、要は、プロっていうのは、紙一枚見た時に、そこに来たくなっちゃうようなこと書かなきゃいけないんです。

 

それが、「このお知らせ書いてきなさいよ!」っていうと、「お知らせどこに貼った?」っていうと、「あそこです!」って。人間の目っていうのは、だいたい、これからいくらか下見るんですよ。その下見るのが、平気で上見て貼ってます!っていうの。

 

上見ながら歩いてる奴が何人いるか、計算したことがあるんですか。プロとしての張り紙じゃないんです。

 

それから、前に車がバーバーバーバー通ってて、人間がろくに通らないところがあるのに、こういうところで物を見て書く。自分は見えるんです。

 

 

貼ると車から見えないんですよ。車しか通らないところに人間しか見えない張り紙をするのは、プロとしておかしいんです。プロって違うんです。この前も、お好み焼き屋言ったら、「ガス栓をいじんないでください!」って書いてあるの。

 

命令されると頭に来るんですよ。同じ書くなら、「ヤケドするといけないので、ね?あの、ガスは何度でもやりますから、こちらにお申し付けください!」とか、書いてほしいんですよね。

 

プロって張り紙が違うんです。商人って思いやりが違うんです。思いやりの心が全然違うんです。ね?あの、え~、商人ってね、商人の頭ってね、深々下げるためについてんの。誰に会っても。

 

 

で、いっつも頭下げてっと、打ち出の小槌みたくこうやってやってると、たまに良い考えが出てくる。ね?だから、よ~く、こうふるんだよ。商人は深々頭下げる。だから、その辺の人でも頭を下げる。

 

でも、商人の下げ方は違うんです。その辺の姉ちゃんでも兄ちゃんでも笑うんです。でも商人の笑い方は笑顔が違うんです。自分のとこはお店がね、ちょっと引っ込んでてね、位置悪いのよ。 

 

人が50m歩いてあなたに会いに来るような笑顔なんです。それがプロなんです。それで、自分はプロになるんだ。中途半端なプロはダメなの。ストリッパーになったらしっかり裸になるんですよ。

 

今日は寒いから股引(ももひき)で踊るとか、そういうね、ふざけた奴はブーです(笑)。ね?寒かろうが何だろうが、プロ意識を持ってパッパッと裸になってもらわないと、お客さんも困っちゃう。それと同じように、私たちも商人の道選んだの。ね?

 

 

商店街であのオヤジ感じ悪いねって言われてるような奴が、商人なんてとんでもないんです。そういう人間はとっととサラリーマンに戻ってもらいたい。で、戻ると、サラリーマンもプロにならなきゃ大変なんです。

 

サラリーマンって立派なプロなんです。家庭の主婦も専業主婦ですっていうけど、プロなんです。プロっていうことはどういうことですか?専属の例えば料理作ります。旦那の料理しか作んない。

 

旦那の料理しか作らないのにいつもまずい。コックなんかいろんな人の料理作って合わせるのに、旦那のしか作らないのにまずいと。これはプロとしての自覚がないんです。大変ですこれ、料理屋だったら潰れます。

 

 

子育ても、ね?よその子なんか、保育園なんか預けると5人も10人も預かってんのに、一人の子も育てられない。母親としてのプロじゃないんです。

 

で、自分はプロなんだって思うと、どういうことが起きるかっていうと、人間には守護霊っつうのがついてる。ね?信じなくていいのよ、信じなくていいからね。守護霊がついてる。

 

で、これは誰にでもついてる。ところが、プロだと思った人にだけは、指導霊というのがつく。で、その指導霊が、いろんな本を、フッと本屋行ったら本に手がいく。テレビでパッとあれ見る。要するにプロとして自覚すると気づきが出てくる。

 

これが指導霊がやってくれる。それで、尚且つ(なおかつ)頑張ってると、指導霊はクルクル変わるんです。一生懸命やってるとだんだん優秀なのがついてくる。ね?ありがたいでしょ?だから、私も困らないんです。

 

 

もうちょっと頑張ってくっと、また、もうちょっと優秀な人がついてきて、俺がこっち向くと、グーッとこうやってやって、顔をそっちへ向けてくれたり、いろんなことしてくれるんです。

 

で、皆もプロなんだ。「自分はプロですから、当たり前ですよこれぐらい」。って、言える人間になれば、たいがいのことは怖くないんです。

 

人生は50です。50ですよ?ね?50って何ですか?っていった時、平均50だと思ってください。50のところへ70の覚悟でいった奴は楽でしょうがないんです。

 

ところが30の覚悟でいくと、もうひどい目に遭う。残りの20ぶんがえらい目に遭うんです。ね?え~、隣の京都のMKタクシーの社長がね、この人すごいなと思ったのは、あの方は朝鮮から出てきて、一代からタクシー会社作ったんだけど。。

 

 

その時に、同じ朝鮮人の仲間でも、朝鮮人だってバカにされるバカにされるっていう人がいるけど、そうじゃないんだ。日本人だってアメリカに移民に行ったりブラジルに行った時、ものすごいバカにされたんだ。

 

人の国行くったらそういうことなんですよ。日本人が飯食ってたら俺たちは麦飯食えばいいんです。日本人が9時間寝たら、私たちは7時間寝て頑張ればいんですよ。って、言うんですよね。

 

だから、ああいう50のところに、90ぐらいの覚悟されて出てこられちゃうと、世間が参った(まいった)するしかないんです。わかりますよね?だから、ちょいと覚悟を余分に持っておけばいんです。

 

私も中学しか行かないよって言ったんです。中学しか行かないってことは、高校出よりちょっと苦労するんです。当たり前なんです。だから、苦労さしたくないから親だって行け行けって言うんです。大学出よりちょっと大変、当たり前なんです。

 

 

そんなことは知ってるんです。まさか、こうだとは思わなかったなんてないんです。その通りなんです。ね?で、買い物すればお勘定、来るのと同じように当たり前のこと、で、プロって何ですか?っていうと、プロの覚悟を持てばいんです。

 

プロの商人なのに挨拶が悪い、笑顔が足りない。こんなんでプロと言っちゃいけないんです。ね?私も時々、私のビデオ見たことある人はいると思う。ビデオいきなり出されて、大社長お願いします!

 

この前、恵美子社長が、大社長はホテルで話してくれた話が一番いいですね。それは周りに本当にいるんだもん。周りにいる人に、「あなたそうでしょ?」っていうのと、ここにビデオがあって「あなたそうでしょ?」って言っても、行かないの。

 

 

行かないけど、やらなきゃいけないんです。それが私の仕事なんです。ね?だから、仕事となったらプロなんだから逃げられないんだ。で、商人は笑顔なんだよ?それから、愛のある言葉しゃべるんだよ。

 

でも、これって、人間として当然のことなんです。だから、商人じゃなくてもやるべきなんです。で、プロ意識っていうのは、商人じゃなくても持つべきなんです。大工さんだろうがお母さんだろうが、ね?プロ意識を持ってほしいんです。

 

さっき言ったあの、小俣(おまた)さんの息子さんの貫(かん)ちゃんっていうのが、え~、非常に頭の良い子で、本当に東大っていうぐらい頭良かったのが、お母さんが一生懸命、家庭教師つけたりね、塾行かしたり、一生懸命やってた。

 

その時私が、え~、小俣さんのお母さんに、「この子にこんなにお金かけて元取れる?」っつったらびっくりしたの。「え~?子供から元取ろうと思ってません」。

 

 

それを聞いて私は驚いた。何でかっていうと、サラリーマンじゃなくて自分家の会社の跡を継がせなきゃいけないんですよ。会社の跡を継がせなきゃいけない子供を、商人って元取っただけで、儲け出さなきゃいけないんですよ。

 

それを、親が儲けが出なくていいような形で育てたら、皆、子供の代になったら潰れちゃいますよ。私達って使命が違うんです。

 

あの、大勢の人を食べさしていかなきゃなんないのよ?貫(かん)ちゃんにとって一番大切なのは、元取った他に儲け出す。ね?

 

で、その話を懇々(こんこん)と言ったら、貫ちゃん高校出で、今働いて、立派に働いてるんですけど、ね?あの、本当に元がとれるかどうかを考えなきゃいけない。で、その時に、おまえを大学やるって、元が取れないんだよ。計算してごらん?

 

 

それぐらいじゃなきゃ、この計算、そうだねお母さん元取れないね。それなら俺がっちり働くよ。その方が元取れるもんね。わかります?元取るのは当たり前。利益を出すのがプロなんです。笑顔っていうのは大変なお金になるの。

 

ここがホテルだとする。ここを儲け出さなきゃいけない。その時に、ルームサービスをを揃えて何揃えてってやるだけで、膨大なお金がかかっちゃう。で、利益が出ない、客が来ても。ね?

 

で、皆さんは、私の社員だとすると、「ルームサービスありますか?」っていうと、「寿司でも何でもとれますよ!」って他所(よそ)からとっちゃう。ね?

 

それで、尚且つ(なおかつ)相手に、「最近、お客さん少ないんですけど、何かいい方法ありませんかね?」ってニコニコっとすると、こいつ俺を頼ってるな。

 

頼ってるなと思うと、「こうしなさい、ああしなさい」って言ってるだけで仲間だから、だんだんだんだん仲間が増えてきちゃう。ね?で、笑顔と相談っていうのは、途方もないお金になるものなんです。ね?で、我々はお金、一生懸命儲けて、一生懸命使う。

 

 

で、余ったら税金払う。これが仕事なんです。我々は心臓なんです。心臓が腎臓みたいなこと言っちゃダメよ?心臓が肝臓みたいなこと言っちゃダメなんです。

 

世の中の肝臓っていうのは毒を消してって、それはお巡りさん(おまわりさん)みたいな仕事なんです。

 

お巡りさんが金儲けばっかし考えてちゃダメよ?その代わり、商人で金儲けを考えない人間は、侍で剣術(けんじゅつ)ができないのと同じなんです。これはろくな侍じゃないんです。

 

 

で、自分の仕事は何か、自分は立派な大工なんだ。自分は立派な主婦業なんだ。自分は何なのか、それをびっちり見極めて、それに没頭する。そのことを突き詰める。だから、私はテレビ出るの嫌だ。俺はタレントじゃないんだ。私は商人なんだ。

 

商人は商人として生きるのが当たり前なの。ね?無理やり、この前、お面かぶって出たでしょ?お面、こんな小っちゃいお面だから、かぶって出たら、「太りましたね?」って、太ったんじゃない、お面が小っちゃいんだ。

 

皆が、プロになりましょう。それで、プロになったと同時に、指導霊がついてくれる。そのことを信じるんです。

 

そうすれば、私のように、学業がですね、あまりよくなかった人も成功できる。決して働き者じゃなくても成功できる。