仕事は人様の役に立つと儲かるようになっている【斎藤一人】

仕事は人様の役に立つと儲かるようになっている【斎藤一人】

 

斎藤一人さんのお話(文字起こし)

 

おはようございます。今から話す話は、「人は天に可愛がられている」という話をします。これが分かると「あ~そうか。」といとも簡単にこんなに幸せになっちゃうのかということですね。そういう話をします。

 

まずはちょっと関係のない話なのですが、やがて繋がってきますからね。聞いててください。世の中には「執着しなきゃいけないもの」と「執着してはいけないもの」がある。テレビをみていて、殺人とかあるんですけど、意外と多いのが別れ話。お互いが最後には言い合って、「俺が正しい」とか「お前が正しい」とかってなっちゃうんですが、あまり相手に執着しちゃダメなんです。

 

「どういうことですか?」というと「どっちが正しい?あっちが正しい」って言ったって仲悪くなってきたら別れればいいだけのことで、あまり執着しちゃいけないんだよねっていうことを言っているんですけど。どっちが正しいとかって言い出して、執着しちゃいけないんだけど「執着しなきゃいけないことって男女間で何があるんですか?」って言ったとき、「相手が幸せになればいいんだ。人を幸せにしたい」っていうことに執着すればいいんだよね。だからその人が一生懸命幸せになることに頑張っていくじゃない。それでも別れたいんだったら、別れれば幸せになるんだよね。「相手が幸せになることに執着しなきゃいけないんだよ」っていうことを言いたいんだよね。

 

仕事に一生懸命執着することが必要なの。一生懸命仕事に執着するのはいいんだけど「執着しちゃいけないものはなんですか?」って言ったとき、仕事って人様の役に立つと儲かるようになっているんだよね。ところが、それが、儲からないとすると、今までの古いやり方に執着してはいけないんだよね。常に新しいやり方を出していかないといけないんだよ。あんまり執着しちゃダメだよね。

 

ところで、なんで人は変なことに執着しちゃうんだろう?自分の意見に執着する。男と女でも「どうしてもお前は俺の側にいて欲しいんだ」とかって結局自分に執着しているんだよね。

 

この世の中って自分に執着し過ぎると間違いが起きるんだっていうことを言っているんだよね。このテープの「あなたは天に可愛がられているってなにを言いたいんですか?」って言うと、あなたは自分のことに執着しているけど自分は実は神に守られているんだ。いいですか?あなたがどのくらい守られているか言いますよ。あなた今息しているけど、その空気吸おうと思って吸っているんじゃないよね、黙っていても吸っているんだよね。

 

もうちょっと経っていくと、きっとあなたはお腹減ったって言い出すんだよね。お腹が減るとお腹が減ったって分かるようにできている。食べたものを勝手に消化吸収してくれておしっこになったり、うんこになったりして出ていくんだよね。別にあなた努力してないんだよ。努力してなくてもちゃんとそれを消化吸収して、おしっこがしたくなるとおしっこって分かる。次は汗かくよね。寒くなったら「あ~。寒いな」って。全然寒いのが分からないでそのまま凍死しちゃいましたとかって、それは山の中で極限的状態でもあれば起きるけど、寒かったら服着るよね。暑きゃ脱ぐよね。おおよそあなたのことはほっといてもちゃんとそういう風になるようにできている。

 

そうするとそれ以外のことは、周りにいる人、愛情っていうのは愛といって自分を愛する必要はないよって。あなたは神に愛されているの。あなたが愛さなきゃいけないのは周りの人なの。周りの人にその愛を分けてあげなって。よく一生懸命こうやってテープいれてて、なんか得があるんですか?別にないの。売るわけでもなんでもないんだよこれ。

 

就職って話なんだけどひとりさんの話は良く聞いてくれるけど、よく話聞いてもらえない人っているんだよね。それってなんで?かというと勿体つけて喋るとか偉そうに喋るんだよ。だから会話を通じて自分をえらく見せようとするんだよ。あまりにも相手のために一生懸命喋っている人と自分を偉く見せようと喋っている人とではえらい違いなんだよ。だからそんなことしなくたって天があなたを可愛がっているんだから、もうあなたは周りの人にできることをすればそれでいいんだよ。

 

天は我を可愛がってくれるんだ。だから余っている力は人様の役に立とうということ。「自分のこと考えないで人のことを考えてやりな」とかっていうと、「そんな一銭にもならないことしたくない。」「そういう考えだからお前一銭も持ってないんだよ」って。「いくらかもらったら人が感心するような話できるのか?ためしに一万円やるから喋ってみろ。」というとそんな話できないんだよ。くだらないこと言ってないで、人様の喜ぶことをしろ。

 

最近会社でも、「うちの会社古い体質だから。いや、俺は年寄りだから」っていう人いるんだよ。だけど人間は成長する動物なんだよ。1000年も経っているような木だって、縄文杉だって、去年と同じ葉っぱがついてるわけじゃないんだよ。1000年前と同じ葉っぱがついているわけじゃないんだよ。クスノキ1000年今年も変わらぬ若葉かな。新しい葉っぱがでる。木にとっては葉っぱだよな。俺たちにとっては言葉なんだよ。言葉という葉っぱなんだけど、これが去年と同じこと言っていたら死んでいる木だよ。

 

常に新しい言葉、常に新鮮なのがでていたら、古い会社だって伸び伸びしているんだよ。伸び伸びしている会社は必ず新しい言葉が出てくるんだよ。天に俺たちは可愛がられているんだから。天に可愛がられている上に自分の力を使ってすべてで自分を可愛がっている。天から見てようが、周りから見てようが見苦しい。自分は天に可愛がられているんだ。少しは周りの人のこと考える。おしゃれだって自分のことだけ考えている人と、人が不愉快にならないように人が爽やかに思うようなおしゃれ。それが下手なやつだと「私のやつ。このおしゃれどう?」だって。人に自慢して人をやっつけることばかり考える。

 

人をやっつけたいって言うのは自分が可愛いからだろう。あなたはすでに天から可愛がられているんだからそんなことまでして自分を可愛がる必要はないの。それで周りに向って愛情出して、それでもう一つ。毎年毎年もう歳だからとか、もういくつだとか言わないで、木だって新しい葉っぱ出しているんだから。まして万物の霊長の人間が常に新しくて、青々してみずみずしくて、あの若葉をみたときに心が「あ~きれいだな」と思う言葉をだしてください。それが天から可愛がられている俺たちができることなの。とりあえずは、ひとりさんは今日も一生懸命喋っているからそれに免じてこれも100回聞きましょうってことです。

<スポンサーリンク>
 このエントリーをはてなブックマークに追加  

タイトル一覧

日本の明るい未来はあなた自身の自分軸にかかっている!【斎藤一人】
斎藤一人さんが暇な喫茶店の経営者に伝授した成功法則
知恵を出し惜しみなくシェアする人が活躍する時代【斎藤一人】
不景気で家計に苦しんでいる人に気づいてほしいこと【斎藤一人】
仕事を遊びにできる人が活躍できる時代なんです【斎藤一人】
魂の第3段階|楽しい道を選んだ人だけが成功する【斎藤一人】
競争せず上昇気流に乗る渡り鳥経営を初公開【斎藤一人】
『夜明けの時代』21世紀は1,000年周期で波動が変わる【斎藤一人】
成功者は「他力本願」の本当の意味を知っている【斎藤一人】
「聞く耳」を持たない器量が小さい人の改善点【斎藤一人】
面倒なことでもやると決めたら楽しくやる【斎藤一人】
「大人の目」を持った誠実な人の特徴とは【斎藤一人】
「大声」の音波を使ってダメの壁を崩す方法【斎藤一人】
過去に思い描いた姿が今のあなたです【斎藤一人】
売上げが倍になる「753の原理」を使った魔法【斎藤一人】
いつも結果ばかり気にするあなたには愛がない【斎藤一人】
「無」の使い方を知れば絶対に成功できるよ!!【斎藤一人】
今までの仕事のやり方が通用しなくなる時代【斎藤一人】
遊び心がある時にあなたは本気になれる【斎藤一人】
一つ上の努力を実らせることに一点集中【斎藤一人】
「恥」をかきながら覚えたことは一生忘れない【斎藤一人】
得るより先に「与える」ことで幸運が巡る【斎藤一人】
言霊の力で人生が変わった不思議な話☆【斎藤一人】
観光旅行のごとくあなたの「光」を観てもらう方法【斎藤一人】
あなたの欠点をメリットに転換させる3つの要素【斎藤一人】
考え方が魅力的な人しか成功しない時代【斎藤一人】
『指導霊の存在』あなたの本気度で決まる【斎藤一人】
成功を信じている人は失敗で行動を止めない【斎藤一人】
人に褒められるより褒めることに価値がある【斎藤一人】
あなたに備わった得意ジャンルを極めなさい【斎藤一人】
職場に機嫌が悪い人がいる【斎藤一人】
理想の就職先とは?【斎藤一人】
自分を改良する努力【斎藤一人】
1万円の苦労【斎藤一人】